裂き織りバッグ 紫

裂き織りバッグ 紫

裂き織りバッグ紫、完成しました。

鮮やかなパープルと、生成りの布の組み合わせです。
縦糸は、布と同じ色の紫色を使ったので、紫の部分が
くっきりしていて、とてもきれいです。

 

片方は、完全な紫一色です。
持ち手は、長くして、肩に掛けれるようにしました。
持ち手の長さは50cmあります。

肩に掛けて、颯爽と街を歩きたくなるバッグです。
シックなダークブラウンの持ち手は、本革です。
よく磨いていて、艶があります。

 

裂き織りの魅力は、何と言っても織った布目。
置いて光が当たると、折り目が目立ってきれいです。

 

内側は、11号帆布を使っています。
厚みのあるコットン生地です。
この記事を内側に使うことで、バッグ全体がしっかりします。
バッグだけでは、自立しませんが、しっかりしています。

同じ大きさのポケットを、内側に2つ付けました。
内ポケットのサイズ:縦17cm、横18cm

 

味わいのあるバッグです。

バッグのサイズ
縦:30cm
横:開口部 39cm
横:底 31cm
まち:8cm
持ち手の長さ:50cm
持ち手の幅:2cm

素材
表布:コットン
裏布:コットン

価格 14800

商品ページ

ミシンのこと

ミシン

今、使っているミシンは、数年前にインターネットで
買いました。

大阪のシモダミシンさんです。

わたしが住んでいるのは山梨県。

最初は、地元の店や東京に行って、探していました。
実物を見たいと思っていたからです。

でも、なかなか良いなーと思えるミシンやサービスが
良い店がありませんでした。

東京の大手手芸店でも、これ!と決めれる商品が
ありませんでした。
お店の人の対応もイマイチで、ここで買ったら、
絶対後悔する、と思って買いませんでした。

諸々納得できるまで、あせらずにいようと。
毎日のように使うものなので、気持ち良く買いたいから
です。

結局インターネットで見ていたら、飛び抜けて
良いショップが見つかりました。

ここだ!

どの機種にしようか、ちょっとだけ悩んで、納得して
早く決めました。

商品もサービスも、ここだ!

 

大阪シモダミシンさんのホームページとブログには
情報が満載で、ここなら安心して買えると思ったのです。

ミシンの価格は9万円でした。
注文をしたら、すぐに電話をくれました。

家じゃない場所から注文をしました。
家の電話番号を登録していたので、
直接電話に出ることができなかったのですが、
母が出ました。

家に帰ってから、「ミシン、やっと買ったんだね。」
と言われ、ショップから電話をもらったことが
分かりました。

あれから、数年が経ちました。
一度、調子が悪くなり電話をしたところ、丁寧に
教えてくれて、自分でやったら、すぐに直りました。

二度目は、メンテナンスが必要でミシンを宅配便で
送って直してもらいました。

えー!こんなことまでしてくれるの!?
という、サービスに、びっくりしました。

里帰りメンテナンスは、たったの500円。
しかも、帰りの送料は、先方持ち。
そして、小物が作れる可愛い布のセットがミシンと
一緒にお手紙と一緒に入っていました。

ミシンが届いてから、
「こんなに安くていいんですか?」と電話をしたら、
「商品の価格に含まれているから、いいんです」と
言ってくれましたが、とても感動しました。

こんなことまでしてもらって、なんだか悪いなぁと
思うサービスでした。

不具合の部分だけでなく、ミシンの中身もきれいに
掃除してもらって、ピカピカになって帰ってきました。

ミシンを買ったとき、
「これからが、お客様とのお付き合いが始まります」と
いうメッセージをもらったことを思い出します。

本当に、お客様を大事にしているショップです。

次にミシンを買うときも、シモダミシンさんです。

インターネットで高額な商品を買うのは、不安でした。
でも、お店の人の顔が見れて、電話で声を聞いて、
困っている事を教えてもらえると、遠い場所でも、
安心できます。

良いミシンと、良いサービスをしてくれるお店を
選んで本当に良かった。。

毎日快適に心地良く仕事ができることに感謝します。

ありがとうございます。

早くきれいに作る方法

かばんを丁寧に作る

物を注文したら、できるだけ早く欲しいですよね。

 

注文してから、発送まで7~8日なんて書いてある
ところはページを離れて、すぐに発送してくれる所を
選びます。

すごく気に入ったものは、納期が長くても待ちますが。
例えば、良質の布や、オーダーで頼んだ靴がそうです。

 

かばんをオーダーで注文していただいたお客さまから、
「2日後に発送いたします。」と納期をお伝えしたところ、
「早くなくていいから、丁寧に作ってください。」と
メッセージをいただいたことがあります。

たとえ、納期が1日だったとしても、作るスピードが
早くなることは、ありません。
かばん一つ、作る時間は、だいたい同じです。

お客様は、心配していたんですね。
「大丈夫です。心をこめてお作りいたします。」と
伝えました。

そして、かばんを気に入ってくれました。

 

丁寧に、早く仕上げるコツを紹介します。

作業するのに、細かく準備をしています。

 

1.レシピがある。
一度、作った商品は、完成サイズ、裁断するサイズ、
作業手順を書いたノートがあります。
2回目に、作るときは、そのノートを見て作るだけです。

ちょっと複雑なものになると、作業手順を見落としたり
するので、作業手順は、とても大事です。

 

2.材料のストックがある。
材料を切らさないようにしています。
長い間、作っていると、よく売れる商品が決まってきます。
よく売れる商品の布は、多めに仕入れておきます。
布の他に、布に合う糸、チャコペンシル、芯、ボタン、
ミシン針など、細かい物も切らさないようにしておきます。

 

3.道具を大切にする
ミシンは、埃がたまりやすいので、まめに掃除をします。
裁断はさみは、きれいにしておく。
長く、大切に使える良い道具を買う。
道具は、大事です。何かを始めるときは、道具から入る
ことが多いです。
安いものではなく、ちゃんとした、プロが使うような道具を
選ぶと、大事にし、技術も上がるようになると思います。

 

4.環境
作業しやすいように、部屋はいつもきれいにしておきます。
実は、これは、結構難しいです。。
なるべく、きれいにするようにします。
片付け、整理は、定期的にやらないと、どんどん散らかったり、
探したりして、時間が無駄になってしまいます。
生産的にこなせるように、定期的に置く場所を変えたり、
いらなくなった物を処分するようにします。

5.楽しむ
もともと、とっても好きな仕事なので、楽しんで作っています。
そうすると、コツを掴むことができます。

 

どうやったら、早く丁寧にできるかを考えると、もっと
工夫できることがあるかもしれません。

いつも、学んだり考えたことを実行して、価値のある
商品をお客様と分かち合いたいと思っています。

言葉を選ぶ

お金

普段、とんな言葉を使っていますか?

言葉の選び方には、十分気をつけた方がいい。

自分が言った言葉は、自分が聞いている。
それによって、自分の頭の中に、自分が言った言葉が
溜まっていき、行動をすることになります。

人と話すとき、自信や安心感を持っているか、
逆に、不安で自信がないかが、相手に伝わります。

お金について、どういう考えを持っているか?
も、言葉は大きく影響します。

自信を持って、肩の力を抜いて待ち受ける方が
お金を引き寄せられます。

お金を出す方も、自信と安心を感じられる人に払いたいと
思うものです。

いつも、お金がない、と言っていたり、不安ばかり言って
いる人が目の前にいたら、その人から買いたいとは、
思いません。

だから、お金についてどう話すか、とても大事です。

そして、そういう言葉を使っている人のそばからは、
なるべく早く離れるようにします。

 

一度、口に出した言葉は、影響力が強いから、
肯定的な言葉を使うように訓練をします。

最初は、つい今までのように、マイナスの言葉が
でてきます。
その都度、意識して、だんだん良い言葉を使います。

富を引き寄せる言葉を言っただけ、富を引き寄せられる
ようになる、と意識して。

より良い人生を送っていきましょう。

 

 

陶器が好き

出西窯

美味しいものを食べるのが好き。

独身時代は、料理は、ほとんどしませんでした。

ときどき、外で食べたものが食べたくなって、
作ったことがある程度です。

結婚してからは、当然、毎日作る義務があります。
始めてみたら、、料理作るの好きになりました!!

時間もあまりかけずに、数品作ります。

洋裁もそうだけど、料理も同じように、道具が良いと
楽しく、はかどります。

 

鍋は、セットで買ったものを長年使っています。
熱伝導が優れたアルミを、ステンレスではさんだものです。
アルミとステンレスが、5重になっている鍋と7重になっている鍋です。
そのため、光熱費も抑えられるんです。
この並べ方も、さっと取り出せて、時間短縮になります!

ステンレス鍋

お料理、楽しいです。

 

最近は、陶器に興味がでてきました。
ネットで作家さんの器を購入したのが、きっかけです。

生活の中での必需品。
道具や器を、気に入ったものにすると楽しくなります。

 

出西窯

この湯呑は、昨年秋に旅行に行った、
島根県の出西窯(しゅっさいがま)で買いました。

島根県には、窯がいくつかあって行ったのは2か所でした。

日用品として、どんどん使うための器なので、
高価なものでないところも、気に入っています。

精神的な充実を与えてくれます。

物も引き寄せです。

ぜいたく品でなくても、
良いものを選んで、良い生活をしいてきたいですね。

器のことを調べて、民芸の歴史を知ると深いです。
もっと知りたくなります。

日本には、良い所がいっぱいあります。
訪ねて、出逢う人と話して、その土地のことを知って
ますます興味が広がっていきます。