ハンドメイドのバッグと洋服の店

バッグの持ち手を付け替えました

 
リネンのバッグ
この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

リネンのバッグです。

持ち手は以前はこちらの革でした。

革の持ち手
キャメルの革

このキャメルの革を付けていました。
色がバッグ本体に付いている茶色より明るい色です。

ちょうどいい色合いのこげ茶色の革を巻で購入していました。

リネンのバッグ
持ち手を付け替えて直したバッグです。

なんだか良い感じに仕上がりました。

バッグ本体はリネンです。

リネンに生成りの糸で刺繍がしてある布です。
もともと刺繍がしてありました。

この生地は、以前勤めていた会社の同僚にいただきました。
素敵な布です。

バッグを頼まれて作ったのですが、お礼にくださったもの
でかなり昔に作ったバッグですが、未だに痛むこともなく
しっかりとした布です。バッグを作るためのキットだった
みたいで、生地に合わせた接着芯もセットになっていまし
た。さわった感じや、質感などから多分高価なものだと思
います。

リネンといえば、夏のイメージですが、これだったら今
使ってもいい感じがします。

持ち手をこげ茶色にしたことで、冬にも使えそうな気が
します。

リネンのバッグ
ファスナー付きです。ダブルになっているので両方向に開閉できます。

よく見ると、刺繍が肉厚で花模様がかわいいです。

ファスナーを両方向に開くので便利です。
バッグの底には、底の大きさに合わせた底板を敷きました。

以前、作ったものを引っ張り出してリメイクすることは、
ときどきあります。

昨日の服にボタンを変えることも楽しいですし、こうやって
バッグの持ち手を新品にするのも雰囲気が変わって面白いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

コメントを残す

Copyright© てくてく洋裁店 , 2018 All Rights Reserved.