暮らしを豊かにしてくれる木の器

木の皿

木の皿を集めています。

気にいったものがあると、数日悩んで使う理由を考えて

買います。

 

 

クリの木の皿です。

彫と木目がきれいな皿です。

クリの木の皿

 

クリの木です。

「栗の実」という歌があります。

購入を迷っているときに、この歌が頭の中で回っていました。

小学校で歌ったかもしれません。

歌詞を完全に覚えていなかったので、検索してYouTubeで見ました。

良い歌でした。

3番まであります。

クリの木の皿

 

 

裏側も丁寧な作りです。

栗の木の皿

 

暮らしを豊かにしてくれる木の皿。

長く愛用していきたいです。

あったらいいな!

これ、あったらいいな!と思ってすぐに作れることが

手作りができるいいところだと思います。

 

 

キッチンクロスで作ったバッグです。

少し縦長なのは、入れるものに合わせて作ったからです。

キッチンクロスのバッグ

写真を撮るときに使う道具が入っています。

外で使いたいときは、さっと持って出かけられるし、

普段は収納として掛けておくことができます。

 

色柄がうるさくないので、部屋に自然に溶け込みます。

 

 

これを入れるためだけのバッグというのを、よく作ります。

手作りができて良かったな~と思います。

 

白と赤のクロスの組み合わせは、けっこう可愛いです。

パッチワークにしてバッグを作る予定です。

 

端切れも大事にとっておきます。

一点物のバッグができます。

打ち合わせの部屋

ミーティングルーム

ミーティングルームがあります。

 

ミシンを置いている作業部屋は、急なお客様が来たときは片付けるのが大変です。

そんなとき、ちょっとした客間があるとそこにお通しして

お茶を入れたりできます。

 

木のテーブルと木の椅子は気にいっています。

手触りもよく、お客様からおしゃれだね~と褒められて

嬉しいです!

 

 

地図を描く

手書きの地図 吉祥寺

出かけるときは、なるべく荷物を減らしたい!と思いませんか?

 

特に歩くときに、最初からたくさんの物を持って出ると

買い物をして物が増えたときに重くなってしまいます。

 

東京に遊びに行くときは、雑貨屋さんの本や器屋さんの本を

2、3冊持って出かけていましたが、、

よくいく町の好きな場所は、手書きで地図を描いてショップを

書き込んでおくと便利です。

本を置いていけるし、自分だけの地図を持って出かけられます。

自分が好きなショップと、目印になる建物や店を書いておくと、

迷わず行けるし、つながっている道が分かっておもしろいです。

 

俯瞰して見てみると、ここからここまで、こんなに近かったんだとか

つながっていたんだ、ということが分かります。

 

気になる場所も追加して描くことができます。

 

雑貨屋さん、食べ物屋さん、コーヒーショップ、手芸屋など

色分けしておくと、もっと分かりやすいです。

 

これから旅行に行くときも、前もって地図専用のノートを

作って描いておけば、面白いかもと思います。

 

便利な道具を紹介します。

 

これはノック式消しゴムです。

道路を描いたとき、交差点の線を消すのに便利です。

ノック式 消しゴム

 

色鉛筆と0.3ミリのシャーペンです。

後からつけ足して、場所を書いていくと0.5ミリの芯では文字が

潰れて読みにくくなります。

0.3ミリのシャーペンは、小さい字が書けて便利です。

0.3mmシャーペン

 

地図を描く。

やりだすと、けっこうはまります。

色鉛筆で道を塗って、交差点を消す。

なかなか面白いです(^^)

 

 

組み立てる

組み立てる

組み立てることが好きです。

特別な能力はありません。

最善を尽くすことができるもの、

それが一番楽しめるものだから面白いんです。

 

カバンを作るというより、組み立てていくという感覚です。

頭の中にある絵や図を組み合わせて、最初に思っていた

ものと違ったものが出来るときもあります。

 

ものを作る時に、不思議な感覚がときどきあります。

だから、面白くてやめられません。