ハンドメイドのバッグと洋服の店

かご柄の布でバッグを作りました

 
かご柄バッグ
この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

かご柄の布は、ビニールコーティング布です。
ちょっとテカっていますが、艶消しタイプのコーティング布です。

外側の布を袋状態にして数か月。

やっと形にしました。

外側の布を作ったまま放置していました。
いったん、縫い目を解いて平らにしました。

なぜかというと、持ち手を本体にぐるりと付けるためです。
ネイビーの11号の帆布を持ち手に使います。

11号帆布は、コットン素材でバッグによく使われます。
程良い厚さがある布です。

バッグが自立するほどの厚みはありませんが、外布または内布と組み合わせることによってしっかりした作りに仕上がります。

ビニールコーティングの布を外側に使い、11号帆布の布を内側と持ち手に使いました。
カゴ柄に濃い目のネイビーが、締まった印象になっていい感じに仕上がりました。

かご柄バッグ

バッグの全体にぐるっと持ち手を付けました。カゴ柄と合います。

 

かご柄に、ネイビーや黒の持ち手を合わせると、可愛いなぁと思います。
この組み合わせの商品は、けっこう見かけます。

 

 

かご柄バッグ

内側は11号帆布です。柔らかくて厚さがある布です。

 

内布と持ち手は同じ布です。

濃い目のネイビーは、わりとどんな服にも合わせやすいので使いやす手です。

早く梅雨が明けるといいですね。
麦わら帽と、かごバッグを合せて出かけるのが楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

コメントを残す

Copyright© てくてく洋裁店 , 2019 All Rights Reserved.