ハンドメイドのバッグと洋服の店

カンペンケース

 
鉛筆
この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

先日行った神田神保町の旅で買ったペンケースです。

神田神保町は、文具屋も何店かあって楽しめます。

御茶ノ水近くの画材屋さんに入ってみました。
一階は、色鉛筆の種類が多くてバラで買うことができます。

私は、色鉛筆を毎日よく使っています。
絵を描くためではありません。
本に線を引くためです。

数年前に買った色鉛筆は36色セットのものがあります。
そのときは、絵を描くために買ったのですが、今は絵
を描くことは、ほとんどありません。。

本の中で、大切だと思う部分を線を引きますが、蛍光ペン
の黄色を前は使っていました。

色鉛筆を使い始めたら、使いやすくて気に入りました。
使う色は、赤、青、緑の3色です。

赤でも色々な色があるし、青も緑色に近い青色もあります。
そこで、赤系、青系、緑系をパッとみて好きだなと思った
色鉛筆を買ってきました。

旅から帰ってきた翌日から使っていますが、線も引きやすく
て書きやすいです。

カンペンケースには、普通のHBの鉛筆が10本と鉛筆削りが
入っていました。カンペンケースは、そのデザインが気に入
って買いました。今は、色鉛筆と定規を入れています。

本に線を引くためだけのセットです。

御茶ノ水へ行く楽しみができました。

古本屋さんと、バラで買える色鉛筆を求めて、また楽しんで
きたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

コメントを残す

Copyright© てくてく洋裁店 , 2019 All Rights Reserved.