生活を豊かにしてくれるもの

椿

世の中には、たくさんのものがあふれています。

 

実際のところ、世の中で売られているもののうち

ほとんどは必要がないものです。

 

例えば、気にいった陶器であっても割らないように気を

使ったりするし、お金をかけるべきでない物です。

 

でも、自分の生活や心を豊かにしてくれるし、楽しく、

向上させていくものに対しては積極的に取り入れていく

必要があると思います。

 

陶器も好きで気に入っているから、大切に扱います。

 

良い暮らしをしていくには、世の中に溢れている大量の

ものの中から、本当に大切なものは何かを考えて選ぶ

ことができるかどうかにかかっています。

 

人の欲望は無限にあります。

 

どんな生活をしたいか、イメージしていると実現して

いきます。

夢を持ち思いめぐらし、実を結んでいきましょう。

 

日々、充実感を味わいます。

柔軟に、楽しい毎日を。

 

目を大切にしていますか?

めがねを変える

最近、洋服を買いに行ったときに値札の値段が

見えにくいなあって事が増えました。。

値札の表示、ちっちゃいなーって思っていましたが。

やはり年齢かな。

普段の生活で目に不便はありません。

 

めがねのレンズに薄いけど広く傷があって、その傷のせいで

物が見えにくくなっているのかもしれないとも思いました。

久しぶりにめがね店へ行くことにしました。

 

めがね店に電話を掛けて、「もう何年もレンズを変えていませんが、

眼科へ行ってからお店へ行った方がいいですか?」と

聞きました。

そしたら、「うちでも検査ができますから、直接来てください。」

と言われたので、めがね店へ行って検査をしてもらうことにしました。

 

毎年、そのめがね店からは年賀状が届いていました。

だからそのショップに電話をしました。

年賀状が届いていなかったら、廉価品を取り扱うショップに

行っていたかもしれません。

 

普通、めがねを一度作ったら当分行くことはないと思います。

 

めがね店で前のデータが残っていて前回行ったのは

8年前でした。

8年、同じめがねを使っていました。

 

色々検査を細かくしていただきました。

中近両用というめがねレンズに変えました。

本を読んだり、パソコンを見たりするときに楽してよく見える

レンズです。6メートル以内の部屋で過ごすのによく見えます。

ミシンをしたり、パソコンで仕事をしたり、本を読んだりする

ためのレンズです。

 

当初はただ、今のレンズを新しくするだけの予定だったのが

変わりました。

 

本当によく見えるんです。小さい文字が。

特に本を読むのが楽になります。

よく見えて、嬉しくて感動しました。

 

結局2つ、めがねレンズを変えることになりました。

もう1つは、車の運転をするときなど遠くを見るときの

いわゆる普通のめがねです。

 

中近両用のレンズはちょっと高価なので、

今回はフレームは今までのものを使うことにしました。

めがね、ちょうど2つ持っていましたから。

レンズのみ、2種類新しく変えて作りました。

 

これも体験したからです。

今までの不調に気づかず、思い立って検査したら、

よく見えたこと。

これが一番の購入した理由です。

 

 

他にも、目を気にする出来事がありました。

父を病院に連れていき、調剤薬局で待っているときLifeという

健康に関する冊子が何種類かありました。その中に

疲れ目予防でスッキリ生活 という冊子があったので気になって

見てみました。冊子に書いてあった事です。

 

疲れ目生活していませんか?

・パソコン作業を長時間している
・長期間同じ眼鏡やコンタクトレンズを使っている
・エアコンの効いた場所にいることが多い
・アイメイクは、まぶたの縁までラインを引いている
・強いストレスを感じている
・食事の栄養バランスがとれていない
・睡眠不足が続いている
・サングラスは見た目で選んでいる
・見えにくくても、眼鏡などを使わずに我慢している
・暗い場所で読書や勉強をする

当てはまる項目が多いほど、目は疲れ気味だそうです。

 

目は大切です。

わたしは普段視力がわりと良いのでめがねをかけなくても

生活できていますが、乱視があるので眼鏡はないと困るのです。

普段よく見えていても、目を大切にいたわることが必要だと

思いました。

 

 

マーケティングでも同じことが言えます。

自分では気づいていない、ビジネスの不調。

誰かに教えてもらったり、成功している人にアドバイスを

もらったりしたことで、改善できたりします。

だから成功している人に聞くのが一番だと思いました。

 

健康もビジネスも日々の積み重ねが大事です。

楽しくて健康で快適な毎日を。

気付いたときに改善を。

 

 

 

おかしい、不思議?を当たり前にしない

 

家の中の不要なものを、少しずつ処分しています。

まだ半分も終わっていませんが、とりあえず区切りを付けました。

 

これっておかしいよ、どうしてこんな事するんだ、

どうしてこんな所に置くんだって思うけど、

自分ではない人がすることだから、仕方ないです。

 

 

おかしい事 その1

下駄箱の前にシューズラックを置く。

下駄箱の中には古くて履かない靴がたくさん入っています。

捨てられない、片付かないそうです。

ここは半年後に掃除するそうです。

下駄箱の前に下駄箱

玄関は、毎日掃かないと誇りや砂が溜まります。

毎日シューズラックをどかして掃いています。

シューズラックの靴は普段よく履く靴です。

普段使いの靴を下駄箱の中に入れれば、シューズラックは

要りません。

片付いてスッキリします。

もちろん、掃除もかなり楽になります。

 

 

おかしい事 その2

廊下に奥行のあるタンスを2つ置く。

ここは通路です。

毎日何回も通ります。

体を横にしなければ通れません。

不思議です。

通路をふさぐタンス2台

 

 

おかしい事 その3

茶色の収納家具の中身は5年以上、一度も開けていません。

ここは片付けました。

中身は、古くて飲めないワインと足付のワイングラス、

御猪口、古いスプーンなどなどでした。

腐った酒が入ったサイドボード

家具の上の置いてあるものは、古い物と最近気に入って買ったものが

ただ置いただけな感じでばらばらです。

統一感がありません。

こうやったらきれいに見えるとか、これとこの組み合わせが素敵だ

とか、考えられていません。

 

 

毎日同じことをしていたり、小さい事の積み重ねで

このようになっていたんだと思います。

住んでいる人がどんな人なのか分かります。

だから、変えていかなければいけないんです。

気が付いたら、少しずつ暮らしやすくしていきます。

 

これは仕事でも同じです。

毎日の積み重ねが今の自分を作っています。

日々、学ぶことが大事です。

わたしは、読書が源になっています。

知識と喜びの源となるのは、いつも読書だなぁと思います。

 

だから、新しい発見があったときは取り入れていきます。

何事も知らなければ、何事も起こらない。

ということを知って日々向上していきます。

 

楽しい毎日を。

 

 

 

購入の決め手

ワインを買う

購入の決め手の一つは、買う前に商品に触れて、

自分が持っている姿や所有していることを体験する

からです。

 

 

昨日は雪が降りました。

雪が降る

こんなお天気だと夫は畑の仕事が出来ないので、急遽いとこが

働いているワイナリーへ行くことにしました。

ワインの試飲ができたり、美味しいゼリーや果物の加工品が

あるから一度行ってみたいと思っていたのです。

 

場所は山梨県勝沼町です。

うちからは車で10分ほどで行けます。

ワインの試飲

 

初めて行きました。

ふじっこワイナリー

 

 

試飲や販売所は2階にあります。

おしゃれで心地良い音楽が流れています。

ふじっこワイナリー

 

最初に入ったら、すぐに店員さんが出てきて、このゼリーを

試食させてくれました。

ナタデココのゼリーです。

容器に好きな分だけ入れて食べることができます。

ナタデココのゼリー

 

店内は広くて落ち着いていて、ゆったり過ごせます。

ワインのディスプレイもきれいです。

一升瓶ワイン

 

ワイン

 

樽の上に試飲ワインがあり、グラスについでくれます。

20種類以上のワインが試飲できます。

試飲ワイン

 

ジュースも試飲できます。

ジュースの試飲

 

とても広い空間です。

ふじっこワイナリー

 

ワイナリーは高い位置にあるので、景色が良いです。

夕方になると夜景がきれいだそうです。

4月になると桃の花が咲いて、とてもきれいです。

桃畑

 

こちらでは、ほぼ全てのワインを試飲させてもらいました。

ゼリーとジュースもいただきました。

 

購入を決めるポイントは、体験することです。

これで何も買わずに帰ることはまずありません。

20種類以上のワインを飲んで、絞って3種類選んで購入しました。

ジュースとゼリーや果物のピューレもたくさん買いました。

 

例えば、これがスーパーだったらこんなに買うことはないでいしょう。

味わうことができたので、これだというワインを選ぶことが

できたからです。

 

でも試飲や試食したことによって、何か買わなきゃ悪いな、、と

誰でも思いますよね。これを

返報性の原理と言います。

 

誰かに心使いをしてもらったり、気遣いをしてもらったら、

とても嬉しいですし、その人のために自分も何かして

あげたいという気持ちになります。

 

このワイナリーは、心地良い空間を与えてもらえて

美味しいワインやジュースが試飲できる。

買わないわけないですね。

 

無料で何か与えられるほど、人は買いたくなります。

 

 

 

お客さんの悩み

癒し

お客さんが求めている価値はなんだろうか?

一人一人のお客さんの本当の価値。

 

商品やサービスを提供する側は、数ある中の一回だった

としても、お客さんにとっては一度の買い物やサービス

です。

だからお客さんの記憶に残るような満足してもらえる

ものにしたいと思います。

 

・お客さんが求めている価値は何か?

・買ったあとに良い気分になってもらえるか?

・初めてのお客さんがまたサービスを受けたり、買いたく

なるには何をすればいいか?

 

例えば美容院にいく目的は、カットしてもらってさっぱり

したいというほかに、気持ちく癒されたいという特別な

場所です。

人の手でシャンプーをしてもらってマッサージを受けて

きれいにしてもらう。

特別な場所です。

2か月に一度の自分へのご褒美です。

心地良い場所であれば次回も当然同じ所に行きます。

 

そこでしか受けられない特別なサービスメニューがあれば

楽しみにしてリピート客になるでしょう。

 

うまくいく人は心配りができると思います。