どんな人を幸せにしたいですか?

デニムバッグ

自分の強みは何か?
その強みが誰を幸せにできるかを、考えます。

昨日は、はじめたきっかけは何? を書きました。
わたしのその仕事で、誰を幸せにしたいか?
どんな悩みを解決できると、考えてやっているか?

これを真剣に考えると、自分の思いつきで迷走しないんじゃ
ないかと思います。

自分のサービスや商品で、幸せにしてあげることができる人。

はじめたきっかけは何? では、おしゃれで可愛い友人が
自分で作った服を着ていて、いいなぁと強く思ったから
でした。

本音を言うと、自分も友達みたいに可愛くなりたいという
気持ちがあったからなんですね。

友達とは、身長も容姿も全然違うので、その子の真似をして
同じ服を着て同じメイクをしても、ちぐはぐになるだけです。

だから、わたしがきれいになれるように、できることは、
自分らしさを出すことです。

「自分らしさ」とは、内面も含めての自分らしさです。
自分が好きなものを着て、それが似合うと感じ、心地良いこと。

例えば、私のことを全然知らない人が、初対面でコーディネートを
してくれたとしても、わたしが好みの服やメイクでなかったら、
違う、これじゃない、合わないよっと言ってすぐにでも、
今までの服に着替えたくなってしまいます。

もう8年くらい前になりますが、人生で初めてハンドメイドの
マーケットに出店したときのことです。

山中湖の美術館の素敵な庭で開催されたイベントです。

初めての出店で、売れるはずだ!という根拠のない自信と、
1個も売れなかったどうしようという不安も少しありました。
ドキドキでした。

そんな中お客様から「作品とあなたの雰囲気が似ていますね」
と言われました。
わたしは「そうですか!ありがとうございます。」と
言いました。

そして、そのお客様は、バッグを購入してくれました。

その後、「えーそうなんだ」って声に出さず、心の中で思い、
体中がじわじわと、喜びで湧きあがってきました。
とても嬉しかった日でした。

わたしが可愛いと思って作った作品が、自分の雰囲気と似ている、
と言われたんですね。
なんて、素晴らしい日だったんでしょう。

どんな人を幸せにしたいか?

わたしが感じたのと同じように、お客様に喜んでもらえて、
お客様が欲しいサービスや商品を提供することです。

洋服や持ち物は、その人の内面と大きく関係しいるので、
買い物をして良かったと思ってもらえることです。

お客様のコーディネートをおしゃれにして、さらに機能面も
満足していただけると、本当にやりがいがある仕事をしていて
良かったと感じる瞬間です。

人が物を買うのは、欲しいのは、本当は物ではなく、
感情の方かもしれません。

 

はじめたきっかけは何か?

雑誌 オリーブ

カバン作りを始めたきっかけは何か?

20代前半の頃です。

高校の友達と食事に行くことになりました。
その友達が着ていたニットのパーカーが可愛かったので、
「いいね」と言ったら、

「作ったんだよ」って言ったので、びっくりしました。

「これねファスナー、上下間違えて付けちゃって、、、」
と友達は、言いながら、その服を着ていました。

その友達は、自分で作った服を、自分で楽しみながら、
着ていました。
ぬいぐるみ、バッグも色々作っていました。
きちんと作ると言うより、思いのまま芸術家のように。。

決して、丁寧で几帳面な作りではなかったけど、
それが、とても衝撃的だったのです。

素材も良く色も似合っていて、着こなしが、本当に
可愛かったから。

その子は、おれしゃれで、いつも着こなしが素敵でした。
性格も可愛くて、周りの人から好かれる可愛い女の子です。

その子を見て、「自由でいいんだ」と思いました。
最初から上手く見せようとするのではなく、まずは自分が
欲しい物、自分が好きな物から作ってみよう、と思いました。

そうしたら、いてもたってもいられなくなり、何か作りたく
なって、手提げのようなカバンを作ったのが最初だったと
思います。

家には、母の工業用ミシン、工業用アイロン、大きな机のような
アイロン台があります。

そのアイロン台は、電源が付いていて、ボタンを押すと、
面でアイロンの蒸気を吸い取ってくれるものです。
掃除機のように吸い取るので、布を広げると、布が天板に
ぴたっとくっつくのです。

プロ仕様の道具って素晴らしい!!

母の影響も大きくありますが、きっかけは、高校時代の
自由に手作りをする友達でした。

わたしは、できるだけ既製品に近いようにきれいに作りたいと
思っていました。
いかにも、作ったんだね、と人に分かるような作りには
したくありませんでした。

だから、既製品のように作るコツなどを母に聞いたり、
手芸本も色々買い込みました。

中学生の頃から、Oliveのような雰囲気の雑誌がかなり好きで、
よく見ていました。
雑誌の影響も大きかったと思います。

雑誌やショップを見て、「これいいな、可愛いな」
作れるかな?、作りたいな、と思ったら、やってみます。

うまくできないと、イライラして、とても疲れます。
それが、だんだんできるようになり、いつの日か、
楽しさに変わってきました。

そして、今は、仕事としてできるようになりました。
お客さんが欲しいものを作って、喜んでもらいます。
収入を得て、素晴らしい気分を味わえるとは、なんと
素晴らしいことでしょう。

今も続けているのは、好き、が大きいからです。
日々、成長していくように学んでいきます。

ラグビー観戦に行きました。

夫に付き合い、大学ラグビーの試合を見に行ってきました。
試合は、1月7日(日)午後2時開始です。

明治大学と、帝京大学の決勝戦です。
応援して、勝つのを期待しよう!

試合開始の1時間30分前の12時半に、秩父宮ラグビー場に着きました。

 

NHKでテレビ放送されました。

 

試合前の練習風景です。

明治大学の選手達です。
ラグビー選手近くで見ると、大きいです。
100キロ近い選手達です。

 

前半40分、後半40分の試合が終わりました。
前半は、明治大学が勝っていました。

点差もあったので、優勝!?と、期待も大きかったのですが、、、
20対21で、明治大学は、負けてしまいました。

がっかり。。

でも、決勝までいったのは、なんと19年振りだそう。
凄いことですよね!!

 

 

会場を出る途中の夫。
指の先は、、、

優勝 帝京大学☆!!

 

1点差だから、くやしい気持ちも大きかったみたいです。

来年に、期待しましょう!!
とても良い試合でした。

 

 

そして、大学時代の友人と会えてみんなで記念撮影です。

お疲れさまでした。

 

今年もよろしくお願いします

今年は、本日4日から通常通りの生活です。
昨年は、お世話になりました。
今年も、昨年以上に楽しんで、がんばっていきます!!

元日は、地元の神社に初もうでに行き、祈願してきました。
夕方から夫と実家に行きました。

毎年同じように、両親と兄と日本酒、ビール、ワインを飲んだり、
料理を食べたりしながら過ごします。
夫は、泊まらずに家に帰り、わたしは、2泊して3日に帰ってきました。
寒いので家から一歩も出ず、のんびりテレビを見て過ごしました。

テレビは、ほとんど見ないのですが、お正月だけは、スポーツや、
旅番組など面白いと思って、ついつい一日中、見てしまいます。

2日のお昼過ぎからは、大学ラグビーに見入っていました。
夫の出身校の試合だったからです。
夫は、高校時代からラグビー観戦が好きで、試合もよく見に行っていた
そうです。
自分が行く大学を選んだ理由が、なんと、
「大学ラグビーのスタープレーヤーだった吉田義人さんに憧れて」
だそう!

2日の試合で、夫の出身校が勝利したので、7日に観戦に行きます!
7日の試合は、決勝戦です。
わたしは、ラグビーの細かいルールは、ほとんど分からないのですが、
急にこちら側にチャンスが来た場面や、トライが決まりそうな場面は、
見ていてとても面白いと思います。

どちらかというと、試合を直接観戦するより、テレビの方がアップで
映るので、様子が分かりやすいですね。
しかし、ファンというものは、試合を現場で観戦し、録画も当然見て、
楽しむのだそう。


こちらは、2017年12月に見に行った試合会場の前です。
秩父宮ラグビー場は、建て替え計画があるので、その前に記念撮影です。
黄色い靴を履いているのが夫です。

打ち込めるものがあるのは、良い事だと思います。

わたしが、打ち込めるものは、もちろん、カバン作りです。
昨年に続き、裂き織りバッグも広げていきたい、と思っています。

本年もよろしくお願いします。