リメイク

リメイク

ショップでサービスのバッグをときどきもらいます。

しまいっぱなしでなかなか活躍することがありません。

だからリメイクします。

 

 

もともとは持ち手が長くぺたんこのバッグです。

リメイク

 

 

大きさは手帳や本をちょっと入れるのにちょうど良いです。

リメイク

 

 

持ち手を短くして持ち手の中心を二つ折りにして細くしました。

持ち手が細くなったので持ちやすいです。

リメイク

 

 

まちを4cmつけました。

ちょっと厚い本が入ります。

リメイク

 

 

手帳がぴったり入ります。

持ち手も短くしたので使いやすいです。

バッグインバッグとして使っています。

リメイク

 

市販品や、サービスでいただくバッグは、このようにして

自分サイズに変えて使いやすくしています。

けっこう楽しいですよ。

裂き織りバッグ 黄+生成

裂き織りバッグ

バッグが完成しました。

裂き織りバッグ 黄+生成 の紹介です。

 

明るい印象です。

なんとも言えない味わいのある、裂き織りバッグです。

これからの季節にぴったりです。

いつものお洋服に合せてお出かけを楽しんでください。

 

 

裂き織りバッグ

 

 

持ち手は四角くステッチしました。

裂き織りバッグ

 

 

糸を留めた内側は、こんなふうになっています。

裂き織りバッグ

 

 

 

底の部分です。

生成りの織り布は、両面で1センチほどずらしています。

ぴったりより、少しずらすと味わいが出るような気がします。

裂き織りバッグ

 

 

生成りの縦糸を使いました。

生成りの糸を使うことで、明るい黄色の裂き布の色がワントーン

落ち着きます。

明るすぎず、落ち着きすぎず、ほんわかとした仕上がりです。

裂き織りバッグ

 

 

バッグの内側です。

内布はコットン100%の11号帆布です。

厚みのあるコットン生地です。

この内布にすることで、バッグ全体にずっしりと重厚感がでます。

内側にポケットが2つ付いています。

裂き織りバッグ

 

裂き織りバッグ

 

 

サイズ
縦:31cm
横:開口部 35cm
横:底 28cm
まち:8cm
持ち手の長さ:28cm
持ち手の幅:2cm

内ポケットは2つ付いています
縦17cm 横18.5cm、縦14cm 横15cm

バッグの重さ:310グラム

素材
表:コットン
裏:11号帆布 コットン

 

価格 13900

 

商品ページ

 

 

東京仕入の旅

コーヒー

材料仕入れのため、東京へ行ってきました。

金曜日です。

朝は少し雨でしたが、曇りになりました。

 

 

浅草橋からスタートです。

革、革に使う材料が充実しています。

ここに来たら欲しいもの、必要なものは全部そろいます。

浅草橋

 

高架下には、飲食店、雑貨店、ビーズやバールの店などたくさんあります。

浅草橋

 

浅草橋

 

商店街を抜けるとすぐ神田川に出ます。

神田川

 

 

左衛門橋から川を望む

浅草橋

 

 

浅草橋

 

 

 

 

吉祥寺へ移動。

手芸店で必要な材料を仕入れ、雑貨屋巡りです。

吉祥寺中道通りです。

吉祥寺

 

広い公園も緑もあって良い場所です。

吉祥寺 中道通り

 

 

久しぶりに行ったら、こんな変わった建物ができていました。

外観はきのこです。

吉祥寺プティット村

中に入ってみました。

吉祥寺 中道通り

 

凝った作りです。かわいい。。

吉祥寺プティット村

 

水が流れていてきれいです。

吉祥寺プティット村

 

ねこ雑貨屋さんが入っていました。

吉祥寺プティット村

 

見上げると、青空が。

吉祥寺プティット村

 

 

吉祥寺プティット村

 

平日のお昼にワインが飲めるしあわせ。。

和風パスタと組み合わせは最高です。

魚介の和風パスタ

 

 

日帰りの東京の旅でした。

すてきカフェ

甘かった・・・

裂き織りバッグ 藍染め

裂き織りバッグの注文をいただき、発送しました。

が、持ち手が取れそうだというご連絡をいただきました。

 

なんてことだ。。

先日、革の持ち手はしっかりつけています。

という内容を書いたばかりに。。

 

お客様には不具合な商品をお届けしてしまい、

申し訳なかったです。

 

このように ”〓” のつけ方はいつもの縫い方では弱いことが

分かりました。

三本渡してある糸の両側を二重にしました。

真ん中の糸だけが一本です。

両端は、強めに引っ張って取れないように直しました。

裂き織りバッグ

 

お客様にお届けしてすぐに連絡をいただきました。

親切に対応していただいたのが、とてもありがたかったです。

 

発送前のチェック項目に「強度テスト」を増やしました。

 

これからは不具合のないよう、しっかりチェックします。

いつもありがとうございます。

 

余韻

余韻

ハンドメイド作家は孤独です。

一人で考え、一人で作業をしています。

注文がくれば予定を立てて計画して作ります。

淡々と毎日作業をこなしていきます。

ある程度メンタルが強くないとできません。

 

一人だと静かな楽しさもあります。

一人だと静かなワクワクがあります。

集中して仕事ができるのも一人だからです。

 

毎日変わらず好きな作業をこなしていくことは楽しく

幸せなことです。

 

かえって誰かと一緒にいるときの方が寂しさを感じたりします。

性格が合わないと人といると居心地が悪くて早くその場所から

離れたくなります。

家に帰ってきてもそのときの ”余韻” が残ります。

 

一人になってまた元の好きな自分の世界に戻るのです。

静かで穏やかな気持ちを取り戻すのです。

 

一人で仕事ができる幸せ。

決して寂しくありません。

 

反対に、この人と合えてよかったな~ってときも、もちろん

ありますよ。

あの人みたいになりたいな。

あの人みたいに向上心を持ち素敵な人になりたいな。

と思う人です。

そんな日は家に帰ってからもその余韻が残っています。

数日は、その余韻を取り出して、眺めて、にんまりと

余韻に浸るのです。

嬉しい時間です。