ハンドメイドのバッグと洋服の店

最短距離と最短時間で目的地に行く方法

 
時計
この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

約束時間を守ることと、ビジネスをする事は似ています。

この2つを照らし合わせてみたら、本当によく似ていると思いました。

私は、今やっていることが自分の目標にしっかりと向かっているかを確かめます。
1ヶ月に一度確かめることと、3ヶ月に一回に確かめることがあります。

 

約束の時間に遅れない方法

例えば、誰かと打ち合わせをするために、待ち合わせをするとします。

今回は、仕事の打ち合わせなので、ゆったりできて落ち着いたカフェを相手の方が
予約してくれました。

初めて行く場所だ!
色んなお店を知ってる方なんだなぁ。

教えてもらったお店を検索して、住所をグーグールマッブにコピペして場所を調べておこう。
場所はここかぁ。
外観も店内もオシャレないい雰囲気。いいお店を予約してくれて嬉しくなります。

当日は、時間に遅れないように自分が出発する場所から道順を確認します。
時間帯も気にします。

もし、朝の9時とか夕方の6時に待ち合わせをするとしたら、道路が混む時間帯です。
混雑することが予想できるので、余裕を持って早めについても良いと思う時間に家を出ます。

そして、当日、約束した場所に5分前に着きました。

間に合って良かった~。

打ち合わせで話したいことも、まとめて準備をしてきました。
あとは相手と話してお互いに良い結果が出せそうかどうかなど話を進めていきます。

約束の時間に遅れない。
普通のことだと思っていますが、時々人との約束がうまくいかない事もあります。

いくら自分が約束の日までに準備をして時間通りに着いていても、相手が約束の時間
に遅れたり準備ができていないことがあります。

 

人の行動を見て、自分の行動を振り返ります。

そんな時、自分だったらどうするか、考えます。
自分はちゃんと出来ているかな?って。

待ち合わせをする相手は、誰であっても大切な人です。
自分と時間を共有してくれる相手だからです。

ちょっと大げさかもしれないけれど、「時間=相手の命」と思っています。
時間に遅れるということは、相手の命を奪っていることと同じです。

もちろん急用があった時は、話は別です。

 

約束時間に間に合うためにする事

1.自分がどこへ向かうのか事前に調べる。

出発する場所から目的地の場所を知っておく。
つまり、どこから出発してどこへ辿り着きたいのかを知る。

 

2.道順を調べる。

自分の勘だけに頼っていると、意外と損をしていることがあります。
地図上で見ると、今までこんなに遠回りしていたんだと、ある日突然気づくことがあります。
慣れているから同じ道を通っていたけど、ちゃんと見たらこっちの方が近かったって事です。
リサーチしたら分かる事です。もっと早く調べれば良かったなってことになります。

勘には頼らないようにする習慣をつけるといいと思います。
自信があっても、調べてみたら違った!って事、けっこうあります。

 

3.目的地までの時間を予想して早めに出発する

出発する時間は早めにします。朝昼夜のいつなのかで道の混雑状況が変わります。
同じ目的地でも、午後1時半の待ち合わせなら、朝夕よりも空いているかもしれません。
一日のうちのいつなのか気にするといいと思います。

 

4.目印となる信号機の名前を覚える。

道路の名前や信号機の名前、立体名を覚えておくと、曲がり角の目印となります。
初めて行く場所でも迷わないです。途中で不安になったら、車を安全な場所に止めて、今自分が
どこにいるか確認します。そして、今いる場所から目的地を再確認します。もう近くに来ているな。
あと少しだと安心できます。

 

5.目的地に無事に着きました。

普段から、意識して調べたり、前もって準備をする習慣にしておけば、初めて行く場所でも安心です。

話が脱線しますが、時間管理をちゃんとしたいと思ったら、好きな腕時計や好きな手帳を
もつ事もいいと思います。

自分の好きなモノが身の回りにあると、気分が上がります。
特に、仕事で使う物はとことん好きなものにこだわって、妥協せずに選びたいです。

 

ビジネスも同じです。

 

これをビジネスに当てはめると

1.自分が達成したい目標を決める。

人生でどうしても達成したい目標です。
時間をかけて、どんなビジネスをしたいのか、自分の好きなことや得意なことを
活かして決めていくといいと思います。

 

2.その目標を達成するのに自分は今どのレベルにいるのか。

自分が今どのレベルにいるのか?は、今目標に向かおうとしている場所のことです。目標を
達成するためには、どんな道順で行くのか。どんな道具が必要なのか。

本を読んだり、セミナーに参加したり、オンライン講座を学んだり、コーチングを受ける。
など色々な方法があります。毎日少しずつ小さな階段を上っていって、最終目標を目指します。

 

3.目標を達成する期限を決めます。

自分で期限を設定します。いついつまでに資格を取る。いついつまでにネットショップを
オープンする。いついつまでに顧客リストを100人集める。いついつまでに年収500万円
以上になる。小さな目標をいくつも達成していくと、積み重なって大きな目標を達成できます。

 

4.軌道修正する

途中で今、自分が何をしているか確かめます。1ヶ月に一度は最低でもします。
一度立ち止まって見ると、自分がちょっと目標からずれていることに気づきます。

忙しくて色んな事を広げすぎていたことに気づくこともあります。
目標に近づくように方向を修正して目的地に行けるようにします。

 

5.目標達成

小さな目標を達成したら、また次の目標を立てます。終わりはありません。
これを繰り返して、だんだんと大きな目標を達成することができます。

 

友達や仕事関係の人との待ち合わせで時間を守ることと、ビジネスの目標は同じだと
気づいたことからこの記事を書きました。

時間を守ることは、信頼を得ることにつながるんだと感じます。

この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

コメントを残す

Copyright© てくてく洋裁店 , 2019 All Rights Reserved.