ハンドメイドのバッグと洋服の店

リネンのワッフルタオル

 
リネンのバスタオル
この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

リネンのワッフルタオルが好きです。

リネンには、さらっとした手触りのものと、ザラっとした手触りのものと
大きく2つに分かれます。

私はどちらのリネンも好きです。

ブラウスもハンカチやタオルも、乾いているときにはサラっとして日に当たったあとの
ゴワッとした感じもかなりいいです。

生地は強いです。

長年、毎日使っていてもなかなかへこたれません。

へこたれないので、気がついたらもう何年も使っています。

新しい生地のタオルが欲しくなって、生地を買って作ろうと探しました。
できるだけ同じ素材が欲しくて、レビューを見て選んだ生地です。
最初は試しなので、購入できる最少の50cm買ってみました。
この生地が良かったら、追加で買うつもりです。
生地の幅は110なので、それだけでもタオルとしては十分な長さです。

リネンのワッフルタオル

リネンのワッフルタオル 右は3年使い続けているもの。左は新品。

 

右の白いタオルは3年以上、ほとんど毎日使っているバスタオルです。

左は、新しく仕入れたタオルです。

使い続けたタオルは、もともと左のようなナチュラルな色でした。
洗濯を繰り返していたら、色が抜けて白っぽくなりました。

リネンのタオルは手作りしました。

「リネンのワッフルタオル」と検索してみると大体5000円くらいします。

「リネンのワッフル生地」と検索すると110幅、50cmで約1000円です。
生地を買って、切れ端を二つ折りにしてミシンをかければタオルが簡単に作れます!
それに、生地を買えば好きな大きさに作れます。

既製品のタオルも、もちろん素敵です。

タオルなら直線で縫うだけなので、気軽に作れます。
自分の好きな生地で、自分の好きな大きさにできます。

これが、手作りの良いところです。

安くて気に入ったものが手に入ることです。

 

タオルにこだわっているという方に時々会います。

肌触りというのは、みんなそれぞれこだわりがありますね。

リネンはオススメですが、ゴワッとしたリネンが痛いと感じる方もいますね。
タオルは気に入った生地で簡単に作れるので、オススメです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

コメントを残す

Copyright© てくてく洋裁店 , 2019 All Rights Reserved.