ハンドメイドのバッグと洋服の店

バッグの金具

 
バッグの金具
この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

バッグの飾りの革と、ポケットと持ち手の部分を金具で
留めます。金具は、カシメと呼びます。

このカシメを留めるのに、鞄の本体にまず穴を開けます。
穴に金具を通して、金づちで打って固定します。

そうすると、金具は簡単には外れなくなり、しっかりと
留まります。

金具

金具は少し丸みを帯びています。
金づちで打って留めるときには、金具に合った台を使います。

台と打つ棒の両方が、金具と同じ形です。

金具

このようにして棒の頭を金づちで打つと、しっかりと留まります。

お客様にお届けしたバッグの金具が、バッグを使っていて
取れてしまった。と連絡をいただくことがあります。

その時は、金具と、打ち棒と打ち台を無料で送ります。
しっかりと留めたものでも、何かの拍子で取れてしまうことが
あります。

このような連絡をいただいたので、取れないようにするには
どうしたらいいか考えました。足の長い金具を使うことにし
ました。足が長い金具を使うと、しっかりと金具が噛んで、
取れにくくなります。

この記事を書いている人 - WRITER -
赤尾 祐子
お客様にとって、便利で癒されるようなバッグや小物を作っています。 もともとモノ作りが好きです。ミシン、料理、DIYを日々楽しんでいます。 自分が得意なことや好きなことで人の役に立ち喜んでもらえるのが嬉しいです。 モノを売るためにどうしたらいいか? マーケティング、コンサルティングの 勉強をして実践しています。

コメントを残す

Copyright© てくてく洋裁店 , 2018 All Rights Reserved.