紙袋バッグを作る

帆布核袋バッグ

帆布 紙袋バッグをまとめて作っています。

紙袋に似せて作った布製のバッグです。

見た目は紙袋、手触りは固めで張りのある帆布(はんぷ)という

布を使っています。

よく注文をいただいています。

 

ベージュとベージュより少し濃いめのオリーブベージュ

2色あります。

バッグの色が主張しすきず、色々な洋服に合わせやすく

シンプルで上品さがあります。

 

どの季節にもお使いいただけます。

 

自分用に、友達へのプレゼントに購入してくれるお客様も

いらっしゃいます。

 

作品をまとめて作ると、同じ工程を繰り返すので手が

慣れてきて集中できるし作るスピードが速くなります。

良い事ばかりです。

 

 

布をまとめてカットします。

帆布 カット

 

 

本体と側面を縫う作業が永遠と続きます。

底を縫うのも数ある分、まとめて同じように縫っていきます。

 

縫う工程

重なった本体バッグは、そろっていて綺麗です。

 

 

これから裏になる布をまとめて作る作業に入ります。

持ち手も同じように、幅1センチの紐を一直線に塗っていきます。

 

 

同じ作業を繰り返すのって、楽しいです。

きれいに出来ると嬉しいです。

 

お客様にきれいなバッグをお届けします。

 

お出かけが楽しくなるように、思いを込めて作っています。

紙袋バッグ

紙袋バッグ

紙袋バッグは、ベージュ(右)とオリーブベージュ(左)の2色です。

2つ並べて撮ってみました。

 

底の形がポイントです。

紙袋のような折り目で裏側から縫っています。

紙袋バッグ

サイドは内側からつまんで縫っているので、立てた状態で

上に向かって細くなっています。

 

 

底にぴったりサイズの底板を入れるとしっかりします。

紙袋バッグ

底板は内布と同じ素材で樹脂製の板をくるんでいます。

 

内側はこんな感じです。

ベージュの布でシンプルに仕上げています。

紙袋バッグ

紙袋バッグ

濃いベージュ色の帆布で作った紙袋バッグです。
これは、実際、売られている紙袋のサイズを計って布で作りました。

 

ポイントは、底!

このように、紙袋の底を布で再現しました。
布のしわ感が、ちょっと使い込んだ紙袋みたいです。
サブバッグや、お弁当バッグとして便利です。

底の厚みが、12cmあります。
スープポット、飲み物の保温ポット、パンやおにぎりが入ります。

横から見ると、こんな感じです。
側面は、内側から布をつまんでミシンで縫っています。
カバンは、自立して安定して置くことができます。

内布が付いているので、さらにしっかりした作りになっています。
8号帆布と、カラーシーチング(コットン素材)の組み合わせです。
落ち着いていて、上品な紙袋バッグです。

2年間で、30個以上、販売した人気商品です。

販売価格は、1つ4,800円です。
商品ページはこちらです。☆

さらにおすすめは、底板を付けることで、バッグの形をしっかり保つことができます。

こちらが底板です。
サイズは、12cm×20cmで、バッグの底にぴったりです。
内布と同じ布で、樹脂製の板をくるんでいます。
バッグにセットしたときに、内布と同じ色なので、しっくりなじみます。
そして、お弁当箱やスープポットなど、重さのあるものを入れても、
底が沈むことがなく、バッグの四角い形を保つことができます。

バッグの底板は、800円です。
商品ページはこちらです。☆

シンプルでおしゃれなバッグで、どんな洋服にも、似合います。