丁寧に作ってください。

バッグインバッグ

「ゆっくりでいいので、丁寧に作ってください。」と、
ときどき言われることがあります。

最初は「??」、「え、どうして?」
いつも、丁寧ですけど。。

お客様からオーダーをいただいて、お客様のご希望通り
のサイズでバッグを作ります。

内容が決まって、お見積りを出して、
「では、この日までに発送いたします。」と連絡すると、
「ゆっくりでいいので、丁寧に作ってください。」と
言われます。

あ、そうか。。
お客様からすれば、納期が短いと急いで作るんじゃないかと
心配になるそうです。

作るほうからすれば、今は時間があいているからなるべく早く
仕上げようと思います。

すぐに作れる、ということは、今注文が入っていないから、
手があいているということです。

注文が溜まっている場合、先に注文をいただいた方から
優先に作ります。

それに、準備しています。

準備をしているから、作るのが早いんです。

注文が立て続けにあっても、材料が揃っていて、
寸法が決まっていて、作り方も決まっています。

ちょっと複雑な物は、ノートにレシピが書いてあるから
見ながら作れば時間はかかりません。

気が焦って作るということはまず
ありません。

アイロンをかけるスピードが速くなることはありません。
布を急いでカットすることはありません。
ミシンをかけるスピードが速くなることはありません。

作るときのスピードは、ゆっくり丁寧に
作っています。

だから、納期が早くても安心してください。

そして納期が早いときは、他に注文が入っていない
からです。

あなただけのバッグを丁寧にお作りします。

どこか旅行へ行ったり、外出するときは、数日お待ち
いただくことがあります。

バッグの寸法

バッグの寸法

バッグの寸法の見方についてです。

こちらのバッグのサイズはどのくらいか?
正面から見ると、下から上に広がっているように見えます。
それは、長方形の布を二つに折って、両脇を縫います。
その後、底に「まち」を作るため、側面を中心にしてつまんで
縫っているからです。

バッグ縦:30cm
横:開口部 40cm
横:底部 30cm
まち:10cm
持ち手の長さ:48cm
持ち手の幅:2.5cm

です。

 

ちょっと分かりづらいと思いますので、写真に文字を入れてみました。

開口部には、「まち」がなく、平らです。
底は「まち」があるので底の横は、開口部よりも狭くなります。

 

バッグの寸法

 

正面から見ると、底の横が30cm、開口部の横が40cmなので、
下から上に広がっているように見えます。

それは、底部分は「まち」をとっているからです。
バッグは長方形の布で作っています。

だから、このような立方体がバッグに、きっちり隙間なく
入ります。

 

鞄作りのコンセプト

鞄のこだわり

鞄にこだわっていたのは、小学一年からでした。

ランドセルって重い。
夏は背中が暑い。

片道30分の平地を歩いて通っていました。
わたしのために買ってくれた高級革鞄。
赤いかわいいランドセルです。
当然、親は持って行って欲しいと思っていました。

だから悪いかなと思いながら、布製のカバンに中身を
移し替えて学校に行きました。

背中が暑くない。
なんて、快適なんだ!

何度か手提げで通っているのが見つかり、しぶしぶランドセルを
背負って通いました。
しかし、あまり使っていなかったので中学に入る頃は
とてもきれいな状態でした。

その後は6才年下の親戚の子にあげました。

 

そんな経験があり、それが今の原点になっています。

鞄へのこだわりがあります。

・ストレスがない。
・デザインが可愛いもの、自分らしい物を持つ。
・持っていることが誇りになる。
・その鞄を持つことで自信がでること。
・快適である。

持ち物は、その人を表します。

だから、あなたにも同じように持つことで喜びを感じて
もらいたいんだ、ということに気付きました。

バッグの内側も、ご要望を聞いて対応いたします。
まずは、メールでご希望をお伝えください。

info@tekuteku-y.com

 

ネットショップのカバンを参考にしてください。

https://tekuteku-y.stores.jp/

 

お支払い方法

トートバッグ

お支払い方法

お客さまから指定されたサイズなどで作る場合、
お支払いは前払いとなります。

バッグの大きさ、仕様、パーツを作るなど全て決まったら
お見積りを出します。

価格を了承していただきましたら、作る前にお支払いを
していただきます。
お支払いが確認できて、初めて布を裁断します。

お支払いが確認できるまでは、布を裁断することはしません。

どうぞ、ご理解いただけますようお願いします。

 

バッグのオーダー 寸法の計り方

オーダーバッグ

オーダーでバッグの製作の依頼をいただきます。

わたしがお伺いすることは、バッグ本体の寸法です。

縦、横の長さ(開口部)、底の横の長さ、
まち、待ち手の長さを教えてください。

文字だけで伝わるでしょうか?
多分、わたしとあなたの思い込みが違う確率が高いと思います。。

 

では、この写真ではどうですか?
写真のバッグのそれぞれの箇所に、ここです。と入れてみました。

 

さらに説明を入れると

開口部の横=底の横+まち

となります。

バッグの寸法

まちはバッグの底をつまんで作ります。
だから、まちを作らないペタンコのバッグは、開口部の横の長さと底の横の
長さが同じになります。

イメージできますか?

 

持ち手の長さは、バッグ本体から出ている部分を計ってください。
お使いのバッグを計っていただくか、メジャーを使って実際に
メジャーを肩に掛けたり、手に持って、持ち手の長さを決めて
くださいね。

持ち手の長さ

 

今お使いのバッグが気に入っていて、同じ長さに作ってほしい場合は、
そのバッグの持ち手の長さを計ってください。

 

持ち手の計り方です。

持ち手の計り方写真のようにバッグの側面を上にすると、持ち手が半分に折れます。
そうすると、直線で計ることができます。
半分で24cmなので、2倍にして48cmです。

 

依頼される方も作る側も、お互いに寸法の間違いの思い込みがないように
していきたいと思います。

あなたが毎日気に入ったものを持ったり使ったりできますように、
素晴らしい日々が過ごせるようにお手伝いをしていきます。

寸法の他にも、内側のポケットの大きさ、色違い、素材のご希望
できるかぎり対応していきます。

メールや図を使ってやりとりしながら作っていきます。