ファスナー付きバッグが必要

ファスナー付バッグ

バッグをリフォームしました。

これは自分のバッグです。

3回くらい使いました。
バッグの口には開閉できるようにバネホックを付けましたが、
物がいっぱい入っている時、簡単に開いてしまう事に気付きました。

物が少ないときだけ、ホックが効きます。

トートバッグ

 

今までは、ホックを留めるとこんな感じでした。

トートバッグ

 

それではあまり意味がないなぁと思って、この今まで使っている
バッグのホックをはずして、ファスナーを付けることにしました。

 

ファスナーを付けるのに必要な材料です。

ファスナー付きバッグ

 

これを縫うとこんな感じになります。

ファスナー付きバッグ

 

バネホックをペンチで取り外し、上の写真の布にバッグの内側に
ぐるりと一周同じサイズの布を合わせて、外側バッグと
ファスナー布を重ねて縫います。

完成したのがこちらです。
ファスナーを閉じている状態でも、内側のチェック柄が
見えるのが気に入っています。

ファスナー付バッグ

これなら、荷物がパンパンに入っていてもバッグの口が開くことが
ありません。

バッグの中身が飛び出る心配がないので安心です。

 

ファスナーを開けたところです。
ファスナーの右端に付いている四角い布を持つと、ファスナーが
開けやすいです。閉めるときも同じように四角い布を持って
閉めてください。

ファスナー付きバッグ

 

 

完成したバッグです。

外側から見ると、上から3cmほど下に縫い目が出ます。

ファスナー付バッグ

 

A4サイズのファイルが入る大きさのバッグです。
出張のときのサブバッグとして、ノートパソコンや文房具を入れる
のにお勧めのバッグです。

カジュアルすぎないヴィンテージ帆布がビジネスシーンでも
相性が良いです。

オーダーで作ることもできます。

まずはメールでお問い合わせしてください。

てくてく洋裁店 赤尾
info@tekuteku-y.com

帆布 ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

帆布のショルダーバッグで本体とショルダーの紐を同じ

素材で作るとき、けっこうな厚さになります。

 

バッグ本体と内布と、ショルダー紐を縫い合わせるとき

1cmくらいになります。

 

そんなときはミシンでは縫えません。

手縫いをします。

手縫い

こんな風にミシン糸を二本にして縫います。

針は太いものを使い、針を通すときは目打ちを使って布に穴を

開けて針が通りやすくします。

 

針が抜きにくいときはニッパーを使って、針を引き出します。

手縫い

 

仕上がりは、ミシンで塗ったところと手縫いをしたところで違いが

目立ちません。

ショルダーバッグ

厚くてミシンで縫えないときは、革で作る容量で手縫いをすることが

あります。

革の教室で習ったことは鞄作りに活かせます。

バッグの内ポケットにスナップボタンをつける

スナップボタン

バッグの内ポケットにスナップボタンを付けました。

 

今まではこんな感じでした。

内ポケット

内ポケットの横の長さが25cmあります。

幅が広くて、バッグを傾けただけで、だらんと布が落ちて

きてしまいます。

 

そこで、マジックテープを以前つけたことがあるけれど、

.開閉時に布に負担がかかるのと、マジックテープが取れやすい

ことが分かりました。

 

そこで小さなスナップボタンを付けることにしました。

スナップボタン

直径1cmもない小さなボタンです。

8mmくらいです。

 

上からみるとこんな感じです。

縫い目が見えるけど、目立たないです。

内ポケット

 

バッグ本体の内布は、薄い布です。

布の裏側に接着芯をアイロンで貼って、スナップボタンを付けました。

これで、布が強くなって開閉しても丈夫です。

内ポケット

 

スナップボタンで真ん中を留めたので布が落ちてきません。

バッグの内側

どこでもポケット

オーダーバッグ

どこでもポケット。

バッグの内側に付けるファスナー付きポケットです。

 

このように、バッグの内側でも外側でも洋服でも、

好きな場所にポケットを付けることができる便利なポケットです。

 

ポケットを付けたいところと、ポケットの布を中表に合せます。

ファスナーの長さに合せてファスナーの回りを長方形に細かく

ミシンで縫います。

長方形の中に切り込みを入れて、ポケットの布を裏に返します。

どこでもポケット

 

裏に返すときに返しやすいようにアイロンで押さえます。

どこでもポケット

 

布を返して開いたところにファスナーを合わせて縫います。

どこでもポケット

 

裏側で袋にしてポケットができます。

始める前は複雑だったけど、何回かやってポイントを押さえて

できるようになりました。

便利なファスナーポケットです。

マグネットボタンをバッグに付ける

マグネットボタンのつけ方

マグネットボタンのつけ方

 

バッグの口が開いていると心配なのでボタンが1つ付いていて

パチッと留めることができると安心です。

 

お手軽なのがマグネットボタンです。

マグネットボタンはバッグの内布に付けます。

 

マグネットボタンのつけ方

 

 

表にひびかないようにします。

トートバッグ

 

 

バッグの上部を持って引っ張って開閉するのでマグネットボタンを

付ける場所に芯を張って布自体を強くします。

芯を二重にします。

本体の裏側に貼る理由は、ボタンの足を折るのでその金具が表に

形が浮き上がらないようにするためです。

マグネットボタンのつけ方

 

 

アイロンで芯を貼ります。

接着芯

 

 

内布のストライプにも同じように、芯を張ります。

ボタンを付けた所は布と芯、併せて6重になっています。

マグネットボタンのつけ方

 

表布と内布を合わせてボタンの周りを四角く縫います。

 

表は布と同じ糸なので目立ちません。