帆布 ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

帆布のショルダーバッグで本体とショルダーの紐を同じ

素材で作るとき、けっこうな厚さになります。

 

バッグ本体と内布と、ショルダー紐を縫い合わせるとき

1cmくらいになります。

 

そんなときはミシンでは縫えません。

手縫いをします。

手縫い

こんな風にミシン糸を二本にして縫います。

針は太いものを使い、針を通すときは目打ちを使って布に穴を

開けて針が通りやすくします。

 

針が抜きにくいときはニッパーを使って、針を引き出します。

手縫い

 

仕上がりは、ミシンで塗ったところと手縫いをしたところで違いが

目立ちません。

ショルダーバッグ

厚くてミシンで縫えないときは、革で作る容量で手縫いをすることが

あります。

革の教室で習ったことは鞄作りに活かせます。

バッグの内ポケットにスナップボタンをつける

スナップボタン

バッグの内ポケットにスナップボタンを付けました。

 

今まではこんな感じでした。

内ポケット

内ポケットの横の長さが25cmあります。

幅が広くて、バッグを傾けただけで、だらんと布が落ちて

きてしまいます。

 

そこで、マジックテープを以前つけたことがあるけれど、

.開閉時に布に負担がかかるのと、マジックテープが取れやすい

ことが分かりました。

 

そこで小さなスナップボタンを付けることにしました。

スナップボタン

直径1cmもない小さなボタンです。

8mmくらいです。

 

上からみるとこんな感じです。

縫い目が見えるけど、目立たないです。

内ポケット

 

バッグ本体の内布は、薄い布です。

布の裏側に接着芯をアイロンで貼って、スナップボタンを付けました。

これで、布が強くなって開閉しても丈夫です。

内ポケット

 

スナップボタンで真ん中を留めたので布が落ちてきません。

バッグの内側

どこでもポケット

オーダーバッグ

どこでもポケット。

バッグの内側に付けるファスナー付きポケットです。

 

このように、バッグの内側でも外側でも洋服でも、

好きな場所にポケットを付けることができる便利なポケットです。

 

ポケットを付けたいところと、ポケットの布を中表に合せます。

ファスナーの長さに合せてファスナーの回りを長方形に細かく

ミシンで縫います。

長方形の中に切り込みを入れて、ポケットの布を裏に返します。

どこでもポケット

 

裏に返すときに返しやすいようにアイロンで押さえます。

どこでもポケット

 

布を返して開いたところにファスナーを合わせて縫います。

どこでもポケット

 

裏側で袋にしてポケットができます。

始める前は複雑だったけど、何回かやってポイントを押さえて

できるようになりました。

便利なファスナーポケットです。

マグネットボタンをバッグに付ける

マグネットボタンのつけ方

マグネットボタンのつけ方

 

バッグの口が開いていると心配なのでボタンが1つ付いていて

パチッと留めることができると安心です。

 

お手軽なのがマグネットボタンです。

マグネットボタンはバッグの内布に付けます。

 

マグネットボタンのつけ方

 

 

表にひびかないようにします。

トートバッグ

 

 

バッグの上部を持って引っ張って開閉するのでマグネットボタンを

付ける場所に芯を張って布自体を強くします。

芯を二重にします。

本体の裏側に貼る理由は、ボタンの足を折るのでその金具が表に

形が浮き上がらないようにするためです。

マグネットボタンのつけ方

 

 

アイロンで芯を貼ります。

接着芯

 

 

内布のストライプにも同じように、芯を張ります。

ボタンを付けた所は布と芯、併せて6重になっています。

マグネットボタンのつけ方

 

表布と内布を合わせてボタンの周りを四角く縫います。

 

表は布と同じ糸なので目立ちません。

 

 

 

 

ナイロンバッグの作り方

ナイロンバッグの作り方

ナイロンバッグは、脱いだコートを入れるのに便利です。

バッグを入れるバッグとしても便利です。

突然の雨のとき、バッグが濡れないように使うのも良いと思います。

 

 

ナイロン生地は、撥水加工されています。

完全な防水ではありませんが、水を避けたいときに役に立ちます。

ツヤツヤした化学繊維の素材です。

ナイロン生地 迷彩柄

 

 

何か作るときは、アイロンは使いません。

手芸用クリップが役に立ちます。

待ち針も使います。

手芸用クリップ

 

 

紐を縫うときは、こんな風に4つ折りにして短い間隔でクリップで

はさみます。

紐を縫う ナイロン生地

 

 

クリップで留めた側から縫います。

縫いながら、クリップを外していきます。

紐を縫う ナイロン素材

 

 

紐の縫い合わせを縫うとき、ミシンで縫うのを止めたとき、

針が布に刺さったままにすると、布が動かなくてきれいにできます。

これ、結構便利です。

わたしは長い間、このミシンの機能に気付かずに損をしていました。。

ミシンの機能

矢印が下向きのときは、針が刺さったまま止まり、

矢印が上向きのときは、針が上がった状態で止まります。

 

 

4つ折りにしています。

ナイロン生地を縫う

 

 

クリップで留めた側を縫ったら、輪になっている反対側の端を縫います。

折り返し 紐を縫う

 

 

両端の間を、さらに2ライン縫うと紐が丈夫になります。

間を縫うことで、落ち着きます。

ミシンの天板についている目盛りを見ながら縫うと、真っ直ぐ縫うことができます。

紐を縫う 迷彩柄

 

これでナイロン生地の紐がきれいに仕上がります。