ラグビー観戦に行ってきました

秩父宮ラグビー場

18日の日曜日。ラグビー観戦に東京の秩父宮ラグビー場に
行ってきました。

わたしは、正直に言ってラグビーファンではありません。
今回も、夫のお付き合いで行きました。

夫の出身大学である明治大学と、帝京大学の試合です。

明治大学は、帝京大学に勝利したのは、なんと9年も前だ
そうです。なかなかの競合です。

今年の1月に明治大学と帝京大学の試合がありました。
明治大学が勝っていて、勝利かと誰もが思ったとき、
逆転されて、惜しくも勝つことができませんでした。。

一応、夫の出身校なので、明治大学を応援していますが、
実は、わたしは5才の頃、帝京大学病院に10日間入院した
ことがあります。なので、なんとなく帝京大学を応援
してもいいのでは!?という思いがありました。

明治大学は、わたしとは直接縁がありません。
縁があるといえば、父方の祖父が明治大学出身と聞いています。
しかし、父が2才の時に祖父が亡くなっているので、当然、
私は、祖父に会ったことがありません。
そうか、ご先祖様に明治大学出身がいる。

どっちもがんばれ~!!という思いでしたが、、
やっぱり明治大学を応援することにしました!!
ラグビーに熱い夫が一生懸命、応援しているからです。

 

紫と白のボーダーのユニフォームが明治大学、
赤のユニフォームが帝京大学です。

秩父宮ラグビー場

 

そして、結果は、、、
15対23で、明治大学が勝ちました!!

ラグビー試合

 

夫もこの笑顔!!

ラグビー観戦

 

前列の席の人は、泣いていました。
余程、嬉しかったんですね。

 

さて、こんな時のわたしの楽しみ方は、、、

1.校歌を大きい声で歌う。
試合が始まる前に両校の校歌が流れます。
明治大学の校歌を覚えました。
歌が好きなんです。

2.ラグビーのルールを教えてもらう。
その都度、「今、何が起きたの? どうしてこうなったの?」
と、何か起こったときに、ルールをその場で教えてもらいます。
そう、楽しくない理由の一つが、ルールを知らないことです。
ルールが分かれば、もっと楽しめるかもしれません。

3.その場の雰囲気を楽しむ。
観戦していると、けっこうヤジが多いです。。
審判の判定に不服だったりすると、大きな声でヤジが飛びます。
また、初めてその場で会った人が同じチームの応援だったりす
ると、意気投合します。一緒に喜んだり、握手したりします。

4,迫力がある
テレビで観戦した方が細かいプレイも画面で大きく映るので、
実際は、テレビで見る方が分かりやすいです。でも生で見る
と、選手が激しくぶつかり合う音が聞こえたり、ボールが近く
に飛んできたりします。とにかく迫力があります。

5.ひいきしているチームが勝つと、その後の食事が楽しい
試合が終わったあと、夫の友人とわたしと3人で食事に
行きました。こんなときは当然ビールが美味しい、食事も
楽しい。わたしは特に、観戦の後のお食事会が楽しみです。
正直に言って、まだラグビーを心から楽しいとは思えません。。
完全にお付き合いです。

楽しい!と思える日が果たしてくるんでしょうか?!

今回は、夫の出身校が勝ったので、まあまあ良かったかな。。

どんな場所にいても、楽しみを見つける。
これって大事ですよね。

端切れでコースター

リネンのコースター

リネンの端切れでコースターを作りました。

完成品は一辺が8cmです。
布のカットは11cmにして、縫い代を1cmにします。

そうすると、大体8㎝のコースターに仕上がります。

リネンは水の吸収がいいので、コースターに向いて
います。

コースター

 

コースター

その日の気分によって、使い分けると楽しいです。

手織りマフラー

手織りマフラー

織り機で作ったマフラーです。

縦糸を張って、横糸を通していきます。
編み棒で編むのと違って、布を織るようにします。

編み棒で編む方法で作ったマフラーと比べると、
薄く仕上がって軽くて、コンパクトです。

まだ本番の冬ではないので、今の季節にちょうどいいです。

手織りマフラー

 

色んな糸で作って、楽しめます。

手織りマフラー

ストールをリフォーム

ストール

このストール、前から地味~だなと思って使っていません
でした。

通販で買ったものですが、思ったより色味が違って
あまり似合わないと思っていました。

そこで!!

最近、はまっているダイニングマッシュルームを使って
布にちくちく縫っていくように、マフラーにも色を足して
いったらいいんじゃないかと思ったんです。

 

茶系のストールにピンクの毛糸をくぐらせて、ピンクを
増やしていくというやり方です。

マフラー

どんなふうに仕上がるか、楽しみです。

準備をし過ぎることはない!!

ラグビー

日産スタジアムに行ってきました。

ラグビーの試合を見てきました。
わたしはラグビーのファンではありません。
夫がラグビーのファンで観戦するのが趣味です。
お付き合いで一緒に行きました。

会場は横浜市です。
高速道路を使って山梨県から車で行ったのですが、
行きのルートは本の地図で調べて、スムースに着く
ことができました。

前日に地図を見て、どの道路で行くのが近くて、
行きやすいか、どの駐車場に止めればいいか、
駐車場も何か所か調べて、駅に近くて料金も最大料金が
ある場所を第一候補から第三候補まで調べ、そこに止め
れない場合は、行ってから探せばいいと思って行ったら、
第一候補の駐車場に止めることができました。

横浜市内のデパートを見たあとに、余裕を持って試合を
見て夕方に帰る準備をしていました。

駐車場を出る前にナビをセットして、駐車場を出ました。
が、来たときと違うルートの案内が始まりました。

外はもう暗かったので、本の地図を見るのを諦めて
ナビの通りに行こうと決めて出たんだけど、なんだか
様子がおかしい・・・

どうやら、遠くに行っている感じがしたので、
車を止めてもらって、明るい場所で地図を見て見ると、
かなり遠くに行ってしまいました。

そこから、元の道を引き返せばよかったのに、近くの
インターから乗ったら、分岐で行先を間違えてしまい、
降りて、乗って、降りて、乗ってを3回ほど繰り返して
もう分からないから、元の道を引き返して止めた駐車場
のすぐ近くのインターに乗りました。
来たときに降りた場所です。

なんと、最初の場所に戻るのに1時間半のロスをしてしまった
んです。

おかしいなと思ったときに、すぐに調べる

これは普段いつもしているつもりです。

だけど、帰りで疲れていたのもあって、降りたインターの
場所を調べなかったんです。
駐車場をでる前にそのインターまで確認していれば、
一時間半のロスがなかったんです。

ナビを信じない

信じるのは、自分で調べたこと。
そのためには準備をすること。

準備はしてもし過ぎることはない

準備をしないとかえってムダになるのは、今までも
経験してきたことです。

行きと帰りの道は同じじゃない

中央高速道路で山梨県から東京へ行けます。
山梨から東京へ向かうとき、高井戸というインターで
降りました。高井戸インターは上りで降りることしか
できません。
帰りは高井戸インターからは乗ることができません。
高井戸の両隣のインターを目指して高速道路に乗ること
になります。

このことは、家に帰ってから調べて分かりました。

今回は、高井戸の隣の調布インターから無事に中央自動車道
に乗ることができ、帰ることができました。

車を使って初めて行く場所は、念入りな下調べと準備が
必要だと思いました。

これからもこの経験は役立つでしょう。

その場所へ行くときは、時間とルートを調べてシュミレーション
する。いい教訓になりました!

 

追伸
ラグビーに興味はありませんが、試合会場に行って生で見ると
楽しめないこともありません。

ニュージーランドとオーストラリアの試合でした。
プロの選手の試合です。
それぞれの国家を歌った人もプロの歌手です。
生の歌声は素晴らしく感動しました。

選手が得点すると、グラウンドの周りにある筒から火が噴き
ます。

迫力がある真剣勝負の試合は、生で見ると感動します。
観客の方々も熱が入っていました。

日産スタジアム