刺繍糸

刺繍糸

糸巻きに巻いていた刺繍糸の整理をしました。

厚紙に巻き直したことで、スリムに整理できました。
針山とはさみも一緒に、お菓子が入っていたかわいい
花柄の箱に入れました。

刺繍糸

これで、ステッチ仕事が楽しくなりそうです!

繕う

繕う

これは箱型のティッシュケースです。
もう4年使っています。

長く使っているので、それなりに布も柔らかくなり、
目立たないけど小さなシミもあります。

そこで、シミ隠しのために赤い刺し子糸でステッチを
しました。

先日、本屋さんでたまたま見つけた面白い本があります。

靴下が薄くなってきた所を補強するために、刺繍をして
かわいく見せるといった感じの本です。

その補強の仕方がとても可愛くて、捨てようと思って
いたものが蘇る。

可愛らしさと、物を大事にする愛おしさで引き込まれて
いきました。

いつもなら、捨ててしまう物もこの本に出合った
お陰で今ある物を大切にして使おうとしています。

服のほころびや、シミ、布が薄くなった部分の補強。
隠すための刺繍ではなく、その物に合った刺繍をしたり
します。

かえって、使い古した物に刺繍をした後の方が好きに
なって長く使えるような感じがします。

これからだんだん涼しくなって、服を入れ替えるとき、
ひとつひとつの服を見ながら、古い服をどんなふうに
蘇らせるか、そんな楽しみができました。

講演を聞きに行ってきました。

コラニー文化ホール山梨県県立県民文化ホール)へ
講演を聞きに行ってきました。

 

講師は元明治大学ラグビー部監督、吉田義人氏です。

 

印象に残った言葉があります。

チャンスが目の前にきたら掴む。
チャレンジすることでチェンジすることができる。

 

チャレンジすること。
行動することで変化が起こる。
言われると当然ですね。

明日からがんばります!!

服を選ぶ基準

レースのブラウス

服を選ぶ基準。

それは、シンプルであること。

長く着ることができるか?
長く着るとは、縫製が丁寧であることと着たいと思える物
であること。

自分に似合うか?

流行に左右されない物である。

その服が好きであること。

ざっとこんな感じです。

 

今日は、またまたアウトレットへ行ってきました。
どうしてか?
それは、夫が好きなメーカーのショップが入っているからです。
今日は、山梨県小淵沢にあるわりと近場のアウトレットへ
行きました。

前回は、何も買いたい物がなかったのですが、今回はありました。
ブラウス2枚、カットソー1枚。
合計で5000円位でした。

シンプルで長く着れそうで、好きな感じです。

買い物に行って、買いたい物がなかったら無理して買う事も
ないけど、やっぱり好きな物が見つかって買って帰ることは
嬉しいですね。

自分の中で、買う基準があるから決めるのが早かったです。

買い物はやっぱり楽しいです。

欲しいものがない・・・

ブラウス

今日は一日夫と一緒に洋服などを見に、都内のアウトレットへ
行ってきました。

以前は買い物の目的がなくても、良いなと思うものを見つけて
何かしら買ってきましたが、今日は何も買うものがありません
でした。

なんだか寂しいな~と思ったけど、無理して買うこともないし
また後でどこかに出掛けたときに、これだって物を見つけたら
その時に買えばいいんじゃないかと思いました。

わたしがカバンやブラウスなどを作るようになったのは、
もともと、好きなものが何一つ売っていないからなんです。
好みの物がこの世にあったとしても、探せないからです。
または、お値段が高すぎて、うーんと考えてしまったり。。

探す時間がかかるんだったら、作ればいいじゃん!
そんな感じで始めました。

ブラウスやパンツもわたしには、ゆったりサイズで、
ブラウスの袖口も広がっている服が多くて、これだったら
いつもの自分のパターンでいいやって思ってしまいました。

今日はたまたま、なかったんです。

もちろん、気に入った物に出合う確率の方が多いです。

いつも思うことは、ある程度オシャレを意識したら自分の
体形を維持することも大事だと思います。

食べる物で体が作られることを意識する。
自分のベスト体重を知ること。

似合う物を探す前にこれをすることが大事だと思っています。

色んなことを楽しむためにも、自己管理って必要だと
思います。