刺し子糸

刺し子糸

刺し子糸を買ってきました。

買い物に行ったショッピングセンターの中にある
手芸店にありました。

ここ最近、熱が入っているこのジーンズの補修に
ぴったりの糸を3種類見つけました。

補修

こうやって補修すると、糸を刺した所が厚くなって
しっかりして、前よりも丈夫で温かいです。

なにより良いことは、糸を刺したジーンズが可愛くなる
ことです。

外にも堂々と履いていけますよ!

ズボンの補修

補修

ズボンの膝の部分が穴があいてきたのでお直しをしました。

これは、やりだすと夢中になってしまう作業です。

 

ダーニングマッシュルームという名前の道具があります。
木で出来ています。
きのこのような形です。
丸くなっている部分を補修したい場所に裏から当てて、
手縫いで直していきます。

ダーニングマッシュルーム

 

こんな感じにできました。
前だったり、穴があいたら捨ててしまっていました。
今回も、処分しようかどうしようか迷った末、やりだしたら楽しくて
止まらなくなってしまいました。

補修

 

緑の糸も合わせてさしていきます。
丸い木が土台になっているので、糸を縫うのが楽で早く
作業ができます。
これだと、裏の布を一緒に縫ってしまうこともありません。
だから、とても便利な道具です。

ダーニングマッシュルーム

 

仕上がりました!

ズボンの補修

バッグインバッグにファスナーをつけました

バッグインバッグ

バッグインバッグにファスナーをつけました。

今まで使っていたバッグインバッグにファスナーを付けました。
また、ファスナーです。

このバッグは縦が18cmほどで深さが浅いバッグです。
それに横幅が33cmくらいあります。
もともと、大きいバッグの中に入れて使うから、
ファスナーは、要らないかなぁと思っていましたが、
やっぱりつけた方が安心なので、付けました。

 

ファスナーの長さをどのくらいにするか、迷います。
下の写真のようにバッグの端から2~3cm出ていると、
ファスナーを全開にしたとき、バッグの口が広く開きます。

端からファスナーが出ていないと、バッグの口が全開せず、
途中までになってしまいます。
それが不便ではないけど、どのくらいの長さに仕上げるか、
けっこう考えます。

バッグインバッグ

 

このように、ファスナーを付けなかった時と同じように、
バッグの口が開きます。

バッグインバッグ

 

横に置いても、中身が飛び出る心配がなく安心です。

バッグインバッグ

 

これは、私の持ち物です。
左上から。
長財布、化粧ポーチ。
スマートフォン、デジタルカメラ、名刺ケースです。
これにベンとメモ帳が増えるくらいです。

鞄の中身

長財布、化粧ポーチ、デジカメケース、名刺ケースは
自分の手作り品です。
スマホのストラップも手作りです。

 

入れてみしまた。

バッグインバッグ

やっぱりファスナーっていいですね。
これから、ファスナー付きバッグを商品として増えるかも
しれません。

バッグインバッグ

 

右端に隙間があります。
完全に閉じてしまうよりも、少し内布が見えるような作りが
いいと思います。

ちらっと見える内布の柄を見るのが楽しかったりします。
それに、ペットボトルや200mlの細いマグボトルがこの隙間から
顔をのぞかせることができます。

バッグインバッグ

バッグ一つで色んなアイデアが湧いてきます。
人それぞれ使い方も違って、バッグの話が始まると、
ついつい熱くなってしまいます。。

ファスナー付きバッグが必要

ファスナー付バッグ

バッグをリフォームしました。

これは自分のバッグです。

3回くらい使いました。
バッグの口には開閉できるようにバネホックを付けましたが、
物がいっぱい入っている時、簡単に開いてしまう事に気付きました。

物が少ないときだけ、ホックが効きます。

トートバッグ

 

今までは、ホックを留めるとこんな感じでした。

トートバッグ

 

それではあまり意味がないなぁと思って、この今まで使っている
バッグのホックをはずして、ファスナーを付けることにしました。

 

ファスナーを付けるのに必要な材料です。

ファスナー付きバッグ

 

これを縫うとこんな感じになります。

ファスナー付きバッグ

 

バネホックをペンチで取り外し、上の写真の布にバッグの内側に
ぐるりと一周同じサイズの布を合わせて、外側バッグと
ファスナー布を重ねて縫います。

完成したのがこちらです。
ファスナーを閉じている状態でも、内側のチェック柄が
見えるのが気に入っています。

ファスナー付バッグ

これなら、荷物がパンパンに入っていてもバッグの口が開くことが
ありません。

バッグの中身が飛び出る心配がないので安心です。

 

ファスナーを開けたところです。
ファスナーの右端に付いている四角い布を持つと、ファスナーが
開けやすいです。閉めるときも同じように四角い布を持って
閉めてください。

ファスナー付きバッグ

 

 

完成したバッグです。

外側から見ると、上から3cmほど下に縫い目が出ます。

ファスナー付バッグ

 

A4サイズのファイルが入る大きさのバッグです。
出張のときのサブバッグとして、ノートパソコンや文房具を入れる
のにお勧めのバッグです。

カジュアルすぎないヴィンテージ帆布がビジネスシーンでも
相性が良いです。

オーダーで作ることもできます。

まずはメールでお問い合わせしてください。

てくてく洋裁店 赤尾
info@tekuteku-y.com

日除け防止の帽子

農作業帽子

日除け防止の帽子を自分の顔サイズに直します。

この帽子は畑や庭仕事で使っています。

帽子には取り外しが出来る布が付いています。

顔から首回りにかけて、日が当たるのを避けるためにあります。

 

 

帽子をかぶったら、顔の前でバネホックを3つ留めます。

これって最初は便利だったのですが、、

バネホックが布から取れてしまうんですね。

使っていくうちに、ホックを何度もつけたり外したりするものだから、

布が弱くなっていくのは自然のことです。

 

 

だから、直すことにしました。

バネホックを全部ペンチで外しました。

日除け帽子

 

全部取れました。

ホックを取ったところは、少し錆びていました。

日焼け防止の帽子

 

日焼け防止

 

 

綿テープで穴が開いたところをふさぎます。

綿テープ

 

 

ここで登場するのがマジックテープです。

マジックテープは色んな所で活躍しています。

とても便利です。

布に縫い付けて、面積も多めに取るので布に負担がかからないです。

日焼け防止の帽子

 

 

今までホックが付いていた位置につけるのではなく、

自分の顔にぴったり合うように場所を決めて取り付けます。

一番上のマジックテープが斜めの付いているのは、顔に合わせたからです。

日焼け防止の帽子

 

 

 

こうすれば、今までのように日除け布が顔の前でぱかぱかせずに

落ち着きます。

日焼け防止の帽子

作業もはかどります。

作業がしやすくなります。

 

嬉しいです )^o^(