ヴィンテージ帆布の特徴

ヴィンテージ帆布

ヴィンテージ帆布の特徴は、所々にダメージ加工した
ような白っぽい模様があります。

それが味わいになって雰囲気があります。

こちらはカーキです。

帆布

 

ブラウンもおしゃれです。

ブラウン

紙袋バッグ

紙袋バッグ

今日は紙袋バッグを作りました。

このバッグも販売してから途切れることなく、
ご注文をいただいています。

紙袋バッグを作ったきっかけは、実際手元にあった紙袋を
見てこれを布で作れないかと、考えたことでした。
サイズはそっくりそのまま、素材は固めで張りが
ある布を選び、色も紙袋に近い色を選びました。

真似して作ったんです。

物作りってほとんどが真似することから始まります。

鞄にしても、自分が鞄を発明した訳ではありません。
この世に生まれたときから、鞄というものは存在して
いました。

何にしても、真似から入っていることに気がつきました。
完全な真似ではなく、真似して自分なりの味を加えます。

そしてそれが商品として生まれます。

紙袋のようなバッグを布で作る。
これがアイデアです。

紙袋バッグ

 

そう考えると、アイデアを生み出すのはゼロからでは
ないんだということが分かります。

もともとあるモノに自分なりの何かを加えたり、変えたり
することなんだなということです。

ヴィンテージ帆布のトートバッグ

トートバッグ

ヴィンテージ帆布のトートバッグを作っていました。
先ほど、完成しました。

販売しているバッグは自分でも使っています。
使いながら、使いやすいか、改善点はないか、チェック
します。

これからの季節は、出掛けたり何か新しいことを始めるの
にも過ごしやすい季節で、集中できそうです。

そんなときに本やノートなど入れて出かけるのに
ぴったりのトートバッグです。

通勤に使っている人もいます。

あなたが気に入ったバッグをお作りします。

カーキもシックでおすすめです。

トートバッグ

 

 

鞄作りのコンセプト

鞄のこだわり

鞄にこだわっていたのは、小学一年からでした。

ランドセルって重い。
夏は背中が暑い。

片道30分の平地を歩いて通っていました。
わたしのために買ってくれた高級革鞄。
赤いかわいいランドセルです。
当然、親は持って行って欲しいと思っていました。

だから悪いかなと思いながら、布製のカバンに中身を
移し替えて学校に行きました。

背中が暑くない。
なんて、快適なんだ!

何度か手提げで通っているのが見つかり、しぶしぶランドセルを
背負って通いました。
しかし、あまり使っていなかったので中学に入る頃は
とてもきれいな状態でした。

その後は6才年下の親戚の子にあげました。

 

そんな経験があり、それが今の原点になっています。

鞄へのこだわりがあります。

・ストレスがない。
・デザインが可愛いもの、自分らしい物を持つ。
・持っていることが誇りになる。
・その鞄を持つことで自信がでること。
・快適である。

持ち物は、その人を表します。

だから、あなたにも同じように持つことで喜びを感じて
もらいたいんだ、ということに気付きました。

バッグの内側も、ご要望を聞いて対応いたします。
まずは、メールでご希望をお伝えください。

info@tekuteku-y.com

 

ネットショップのカバンを参考にしてください。

https://tekuteku-y.stores.jp/

 

裂き織りバッグの季節

裂き織りバッグ

何にでも合わせやすい、裂き織りバッグです。

こちらは、ざっくりしていて暖かみがある雰囲気のバッグ
です。

柔らかく、秋らしくなってきた今日この頃。
もう、秋に着る洋服やコーディネートを考えるのも
楽しみになってきます。

 

シンプルなベージュ

裂き織りバッグ

 

 

鮮やかなターコイズブルーもおすすめです。

裂き織りバッグ