エコバッグ

エコバッグ

近くのスーパーに買い物に行った時のこと。

レジで支払いが終わると、レジのすぐ近くにある台に移
動して、かごからエコバッグに買ったものを入れます。

会計前はグレーのかご、会計の後はピングのかごへ店員
さんが品物を入れます。いつもなら、ピンクのかごをレ
ジの近にある台へ持って行き、自分が用意したナイロン
の薄いエコバッグに入れて、持ち帰ります。

ある日、私の前に並んでいる人が、会計後のピンクのかご
に、その人が持参したバッグをセットしてもらっていまし
た。見ていると、会計後のピンクのかごにセットされたそ
のバックに、店員さんが手際よく品物を入れていきます。

会計が終わったら、バッグの口をキュッと紐で閉じます。
機械で支払を済ませたあと、バッグを持ってそのまま帰る
ことができます。

これはかなりの時間短縮です。

あの台に移動してエコバッグに入れる作業をしなくていい
んです!

私は、自分で作った小さくたためるナイロン製の紺色に白い
水玉のエコバッグを気に入っていました。それを使うのが買
物に行く楽しみでした。

お客さんがどんなエコバッグを持ってきているか観察してみ
ました。このように、会計後のピンクのかごにセットできる
バッグを持ってきている人が多いことが分かりました。

わたしも使ってみたい。

ネットで探して見つけたのが、このかご柄プリントのエコバ
ッグです。価格は送料込で約2500円でした。

会計後のかごにピッタリのサイズです。なんでもっと早く使
わなかったんだろう。時間を無駄にしていたなぁ。。

たくさん買い物した後は、けっこう重いです。バッグをカート
に乗せたまま、駐車場に止めた車まで運びます。車に入れて、
家に着いたら、台所に持って行って、それぞれの場所へしまい
ます。

このバッグは畳めます。全部出し終わったら、畳んでおきます。
立体的になっていますが、使わないときにコンパクトに収納
できるのもこのバッグのいいところです。

店員さんは、とても丁寧に詰めてくれます。

トレイに入った肉、魚は、ちゃんと水分が漏れないように
ビニール袋に手際よく入れてくれます。

エコバッグに入れる順番も見事です。醤油、みそ、みりんなどの
重いものを下に入れて、軽いものをその上に手際よく入れて、さ
っとバッグの口を閉じて、カートに乗せてくれます。

普段、当たり前にしていることを見直したり、周りの人がして
いることに目を向けたりすることは大事だと思います。

仕事でも同じです。

毎日当たり前にやっている事に時間がかかっていたり、ムダな
事をしている場合があるかもしれません。一度、自分がやって
いることが本当に大事なことなのか、疑問を持って考える。

そんなことに気付きました。

いつもと違った場所に行ってみる。
いつもと違う人に会う。
いつもと違う店の行ってみる。
いつもと違う道を通る。

同じことをしていても、何も変わらない。

違う方を見てみたら新しいことを発見できるかもしれませ
ん。スーパーのエコバッグを使うことで、5分くらい時間が
短縮するみたいに。