トートバッグを作っています

トートバッグを作っています。

このようなバッグは、よく見かけると思います。

紺色と生成りの布を組み合わせたバッグは、シンプルで
どんな服にも合いそうで、使い勝手も良いです。

もっと収納が多い方がいいから、ポケットをバッグの両面
に付けたいなぁと思うし、バッグの内側にもポケットがあ
ったら、無くしてしまいそうな駐車券やチケット、メモ帳
を入れることができ、すぐに取り出すことができます。

そして、バッグの布は表布一枚だけじゃなくて、内布も別
布でつけます。バッグ本体が二重になっているから、しっ
かりして、厚みが出ます。

ショップで売っているバッグを見て、気に入ったけど、こ
この部分があったらなぁ、ここがもう少し綺麗に縫ってあ
ったらなぁと思うことがあります。惜しい!って思って買
わないことがあります。

だから、作ります。

色んな店を一日歩いて探し回って見つけると、くたくたに
なります。だったら作ったほうが早いかもしれないと、あ
るとき思いました。

わたしのバッグ作りの原点は、そんな経験から始まりました。
作りたいという気持ちより、それが欲しい、という気持ちが
先でした。

バッグの外側は、持ち手の間にポケットを付けました。
もちろん、両面につけます。

バッグの内側にも、ポケットを両面に1つずつ付けました。

ポケットは合せて4つです。
これだけあれば、便利だと思いませんか?

今回はバッグの上部に、ふち布を付けることにしました。
ふちを付けると、上部がしっかりします。それに、見た目
が可愛くなります。

バッグは、こうやったらいいかもしれない?と思ったら、
縫う前に、写真のようにクリップで留めて仕上がりの感じ
を見ます。そうすると、思ったようにいかなかったときに
糸をほどく手間がはぶけます。

もう少し頑張って仕上げます。



コメントを残す