バッグのリフォーム 3回目

自分で作ったバッグを何度も直して使っています。
一度作ったけど、もうちょっとこうすれず良かったな~と
使ってしばらくして直します。

 

このバッグは、最初は内布なしで、下のようなバッグでした。
それに内布を付け、ファスナーを足したのが最初のリフォームです。

バッグ

 

表と同じ色のピンクの布を付けました。
内側にはポケットを付けて、小物やミニノートを入れる
ようにしました。

トートバッグ

 

そして、最近直したバッグです。
これで3回目のお直しです。

トートバッグ

持ち手が短くて肩に掛けるのに少しきつかったんです。
あと、色も黄土色の持ち手より、ピンク系にした方が
かわいいかも?!と思って、ヴィンテージ帆布のローズを
持ち手に使いました。

ファスナー布の幅が狭かったので、最近ハマッている例の
つけ方に変えました。
ファスナー布の幅が広くなって、持ち手の長さも長くなって
色も明るくなってとてもお気に入りのバッグの一つになりました。

トートバッグ

 

ファスナーを開けたところです。
内布は鮮やかなピンクです。

トートバッグ

こちらの布はレ・トワール・デュ・ソレイユ

というフランスのブランドです。
お値段も良くて、とても丈夫です。

最初に作ったのは10年前でした。
あれから何回も使っているけれど、色があせたり痛みが少ない
です。かなり丈夫だと思います。

生地の質が良いと丈夫で長く使えます。

こうやって気に入ったものを変えていって使えるのも
楽しく、嬉しいです。

コメントを残す