バッグの寸法

バッグの寸法

バッグの寸法の見方についてです。

こちらのバッグのサイズはどのくらいか?
正面から見ると、下から上に広がっているように見えます。
それは、長方形の布を二つに折って、両脇を縫います。
その後、底に「まち」を作るため、側面を中心にしてつまんで
縫っているからです。

バッグ縦:30cm
横:開口部 40cm
横:底部 30cm
まち:10cm
持ち手の長さ:48cm
持ち手の幅:2.5cm

です。

 

ちょっと分かりづらいと思いますので、写真に文字を入れてみました。

開口部には、「まち」がなく、平らです。
底は「まち」があるので底の横は、開口部よりも狭くなります。

 

バッグの寸法

 

正面から見ると、底の横が30cm、開口部の横が40cmなので、
下から上に広がっているように見えます。

それは、底部分は「まち」をとっているからです。
バッグは長方形の布で作っています。

だから、このような立方体がバッグに、きっちり隙間なく
入ります。