子どもの頃から好きだったもの

布で何かを作ることが好きでした。

針を持ってフェルトで動物のマスコットを作るのが

小学校で流行りました。

5、6年生です。

 

仲の良かった友達はみんな同じ手作り本を持っていました。

それぞれ同じものを作るんだけど、色合いや仕上がりは

やっぱりその人らしさが出るんだなぁ~って思いました。

 

丁寧に几帳面に作る子、可愛い色合いに作る子、質より

たくさんの数を作りたい子、色んな友達がいて面白かった

です。

 

フェルト小物も流行りましたし、お菓子作りも流行りました。

 

家には、母のお下がりの足踏みミシンがありました。

母の嫁入り道具です。

私が5年生のとき、母も仕事として洋裁をしていたので、

工業用ミシンを持っていました。

 

だから私が母の足踏みミシンをもらったんです。

 

それまでは手縫いで作っていたのが、ミシンは早くて

面白くて感動しました。

布一枚で作るバッグを作りました。

 

作るって楽しいなーと思いました。

 

時は流れて、短大を卒業した頃おしゃれに目覚めます。

欲しい服やカバンがないと、雑誌や手作り本を買い、

こんな感じ、こんな感じのが欲しいんだよね、って

自分の好みを確かめます。

自分に合っているか考えます。

 

それから作る方法を考えて作り始めるので時間がかかります。

 

それを繰り返して今に至ります。

 

繰り返すと技術がアップしてもっとハイレベルなものも出来る

かも、と思うようになります。

 

子どもの頃に好きだったことは、今も変わらないです。

それがお客さんの役に立てることも嬉しいです。