丹田

丹田

丹田に意識を集中する癖をつけよう。

 

丹田とはヘソから9cmほど下の位置にあります。

握りこぶし1つ分です。

仰向けに寝たときに、上半身を起こして腹筋が硬くなる

場所が丹田です。

 

 

丹田は体の重心なので、丹田に意識を集中すると、

体がずっしりした感じがして安定します。

 

 

何をするときも、丹田に集中します。

・仕事や勉強をするとき
・スポーツをするとき
・パソコンで入力するときも手先で打つ感覚でなく、
丹田で打つ感覚です。

 

部分ではなく、全体を使う発想です。

 

肛門を締めると自然に丹田に力が入ります。

丹田を鍛えるには、まず意識して肛門を締めることから

始めると簡単にできます。

丹田は鍛えることができます。

 

「腹が据わる」といいます。

体も心もずっしり安定することです。

 

丹田に意識をして行動すると全身でしたことになり、

疲れを感じないそうです。

 

呼吸法とセットにして行えば、鍛えることができます。

全てを腹でするということです。

 

全身を一つにして行うことを自然体と言います。

何事も自然体でできることが良いと思います。