ナイロンバッグの作り方

ナイロンバッグの作り方

ナイロンバッグは、脱いだコートを入れるのに便利です。

バッグを入れるバッグとしても便利です。

突然の雨のとき、バッグが濡れないように使うのも良いと思います。

 

 

ナイロン生地は、撥水加工されています。

完全な防水ではありませんが、水を避けたいときに役に立ちます。

ツヤツヤした化学繊維の素材です。

ナイロン生地 迷彩柄

 

 

何か作るときは、アイロンは使いません。

手芸用クリップが役に立ちます。

待ち針も使います。

手芸用クリップ

 

 

紐を縫うときは、こんな風に4つ折りにして短い間隔でクリップで

はさみます。

紐を縫う ナイロン生地

 

 

クリップで留めた側から縫います。

縫いながら、クリップを外していきます。

紐を縫う ナイロン素材

 

 

紐の縫い合わせを縫うとき、ミシンで縫うのを止めたとき、

針が布に刺さったままにすると、布が動かなくてきれいにできます。

これ、結構便利です。

わたしは長い間、このミシンの機能に気付かずに損をしていました。。

ミシンの機能

矢印が下向きのときは、針が刺さったまま止まり、

矢印が上向きのときは、針が上がった状態で止まります。

 

 

4つ折りにしています。

ナイロン生地を縫う

 

 

クリップで留めた側を縫ったら、輪になっている反対側の端を縫います。

折り返し 紐を縫う

 

 

両端の間を、さらに2ライン縫うと紐が丈夫になります。

間を縫うことで、落ち着きます。

ミシンの天板についている目盛りを見ながら縫うと、真っ直ぐ縫うことができます。

紐を縫う 迷彩柄

 

これでナイロン生地の紐がきれいに仕上がります。