意見は人格ではない

グループでアイデアを出すときに本当に思っている意見を

言わない人がいます。

その人の人格を否定する、と勘違いしているからです。

 

視点はそれぞれ人によってちがいます。

意見が違う、視点が違うからこそ新しいアイデアが

生れるのです。

長い目で見て信頼されるのは自分の意見をはっきり伝える人

です。

意見を言わないとその場では優しい人だと思われます。

しかし長期的に見ると「何を考えている人か分からない」

とか「いつも意見を言わない」と見られます。

 

はっきりと伝える人は、信頼される人です。

 

今までも違う意見を言った途端に、その人は人格を否定

されたと言って怒りをあらわにしました。

ときどきそんな人もいます。

 

意見と人格が違うことをよく説明しても無理だったら

その人と付き合うのをやめます。

 

意見が違うことは良い事なのです。

 

相手がお客さんでも仕事仲間であってもです。

長期的に見れば、関係性は必ず良くなります。

 

いつも本気で行きます。

数少ない信頼できる人を近くに。

 

コメントを残す