気付いた時に言う勇気!?

失敗談というテーマで思い出したことがあります。

友達の結婚式で受付をしていたときです。

受付にきたちょっと年上の女性に、
「ゆうこさんでしょ? 久しぶりだね。元気だった~?」
と元気よく話しかけられました。

あれ、誰だっけ・・・???
全然思い出せない。。。
でもわたしの名前言ったよね。。

わたし物覚えが良いと自覚しています。。
初めて会った人の名前も知らなければ本人に聞くようにするし
会話をした人はほぼ覚えています。

わたしじゃないでしょ~!!と思いながらなんと!
話を合わせて会話を続けてしまったんです。

「はい、、お久しぶりです。うんうん、、」と
なんとか話を合わせながら。。。

 

そしてその人、はっと間違いに気付いたようです。
同じ名前の ”ゆうこさん” も結婚式にご招待されていて
その人と間違えたみたいです。

でもわたしとその人は背の高さだけ似ていて、小さいんですが、、
顔とか雰囲気は全然違うんです。

 

そこで話を合わせてしまった自分がとても恥ずかしくなりました。

「あのーわたし、あなたの事を覚えていないんです。
すみません。」とひとこと言えば、誤解は解けたはずです。

この出来事をきっかけに、頭に「?」が浮かんだら聞くことに
する、と強く決めました。

たとえば会話の中で自分の知らない言葉や地名がでてきたら、
知ったかぶりをしないで、素直に「知らないから教えて」と
聞くことも同じだと思います。

わたしはまだ知らないことがたくさんあります。

知らないことは知っている人に聞くのが一番です。

そしてひとつひとつ知識が増えて成長できると
感じています。